« レーニンをミイラにした男 | Main | Beverly Hills, 90210 »

February 27, 2005

映画でのクラシック音楽の「無断引用(?)」

先日のブログにも記したが、映画「トロイ(2004年・米)」を見て一点気になったことがあった。それはその中で流れていた曲があるクラシック音楽から引用してきたとしか思えないのである。戦闘のシーンなどで流れていた音楽の一フレーズは、20世紀ソ連の作曲家ショスタコーヴィチの有名な交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」の第一楽章とほとんど同じである。これに気が付いた人は果たしてどれ位いるのだろうか。

これで思い出したのがやはり映画の名作「ライトスタッフ(1983年・米)」のテーマ音楽である。これは一フレーズに限らずメインテーマ自体が、チャイコフスキー作曲バイオリン協奏曲ニ長調Op.35の第一楽章をもとに作ったとしか思えない程似ている。映画では丁度「第一主題の変奏曲、しかもコーダ」然として壮大に盛り上げてくれる。この類似性に気が付いている人は多いが、テロップには無いも出ないようなので、公式にはこの映画の音楽担当が作曲したことになるのだろう。いやこの音楽担当者はチャイコフスキーのあの美しいフレーズを念頭にして作曲したに違いない(確信犯か?)。映画の内容は米ソ冷戦時代の宇宙開発競争を生きた、優れた資質「Right Stuff」を持つアメリカの男達のヒューマンドラマだが、そのテーマが敵国に関係あるロシアの主題をモチーフにしていると言うのは面白い。でもこの曲はサウンドトラックあるいはDVDでも買ってもう一度聞きたいくらい良く出来た曲であることは確かだ。

|

« レーニンをミイラにした男 | Main | Beverly Hills, 90210 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画でのクラシック音楽の「無断引用(?)」:

» トモラ&『ライト・スタッフ』
正しい資質を持ちながら宇宙へ行けなかった貴方様へ
[Art Grey]
『ライト・スタッフ』と、それを初公開時に一緒に観た可愛い娘さんの想い出話…のようなもの♪ [Read More]

Tracked on April 18, 2005 11:12 PM

« レーニンをミイラにした男 | Main | Beverly Hills, 90210 »