« マタイ受難曲 | Main | コンセルトヘボウのブラームス1番 »

March 07, 2005

ドヴォルザーク 交響曲第7番

前の晩の「マタイ受難曲」に引き続き、昨夜はロッテルダムで「マイ・ブーム」のドヴォ7(こういう言い方ってあり?)を聴きに行ってきた。


日時: 2005年3月5日(土) 19:30~21:45
曲目: ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番
ドヴォルザーク 交響曲第7番ニ短調
演奏: Het Gelders Orkest、独奏: Igor Roma (ピアノ)、指揮: Nikolai Alexeev
場所: de Doelen Concertgebouw (Rotterdam)

この曲は昨年来オラニエ公の特にお気に入りの一つで、演奏会に足を運んだのもこれが3度目になる。ドヴォルザークの交響曲といえば、まずは第9番「新世界から」、それに第8番「イギリス」が有名だが、個人的にはこの第7番が一番だ。東欧のスラブ系のメロディが好きなオラニエ公としては、特に第2楽章のボヘミアの農村を想わせる歌、弦の刻みが厳しくも心地よく響くスケルツォ、そして壮大なフィナーレへと続く流れには唸らされてしまう。第8番や第9番に比べて、より「ボヘミアの音楽」で国民楽派の面目躍如という感じがする。昨年一月にわざわざプラハまで出掛けてドヴォルザークホールにおいてチェコ・フィルの演奏で聞いたときは、思わず背筋にゾクゾクと寒気が走ったのを覚えている。

CDで言えばヴァーツラフ・ターリッヒ指揮チェコ・フィルの1938年盤がお薦めだ。当時は第二次世界大戦直前のナチス・ドイツの侵略が始まった頃で、チェコスロバキアはまさに存亡の危機にあった。英仏がチェコスロバキアを見捨てた「ミュンヘン会議」がこの年の9月にあり、翌年にこの国は完全にナチス・ドイツの支配下に入って消滅してしまったのだ。こうした背景もあり、このターリッヒの第7番は悲壮なまでのエネルギーに満ち溢れている。これは1940年のメンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウの「マタイ受難曲」に通じるものがある。これもまたナチス・ドイツ侵攻直前で、観客からの「すすり泣き」が聞こえるとも言われる伝説のライブである。やはり音楽もまた時代の産物で、これらの演奏を今日再現しろといってもまず無理だろう。

昨夜の演奏はHet Gelders Orkestというオランダの地方都市アルンヘム(Arnhem)を拠点にしたオーケストラで、当然チェコ・フィルとは比べる話ではない。管と弦の受け渡しがぎこちなかったり、ピアノ(弱い)部分で粗さが見え隠れしていたが、予想以上の健闘を見せてくれた。「マイ・ブーム」はまだ続きそうだ。さて次はどこを聴きに行こうかな。

|

« マタイ受難曲 | Main | コンセルトヘボウのブラームス1番 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドヴォルザーク 交響曲第7番:

« マタイ受難曲 | Main | コンセルトヘボウのブラームス1番 »