« コンセルトヘボウのブラームス1番 | Main | 五嶋みどり in クロアチア »

August 20, 2005

オランダで活躍中の日本人演奏家

一昨日のコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会でも、舞台上のオケ・メンバーとして日本人の姿を何人か目にした。ヨーロッパの他のオーケストラでも同じように、特にバイオリンの女性を中心に何回か見掛けたことがある。そこでオランダのオーケストラに限って、どのくらい日本人の演奏家が活躍されているのか調べてみた。今はどこのオーケストラもホームページで団員の紹介をしているので、日本人らしき名前をたどる事によって簡単に把握することが出来る。(オーケストラのHP一覧はオラニエ公作成のこちらを参照のこと。)総人口1,600万人の国にしてはメジャーなオーケストラだけで6つもある。


オーケストラ | 日本人 | パート
---------------------------------------------------------------
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 | 3 | ヴァイオリンx2、ヴィオラx1
オランダフィルハーモニー管弦楽団 | 1 | ヴァイオリンx1 (併設の室内管弦楽団)
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団 | 0 |
オランダ放送交響楽団 | 1 | ファゴットx1
ロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団 | 2 | ヴァイオリンx2
ハーグ・レジデンティ管弦楽団 | 2 | ヴァイオリンx2
---------------------------------------------------------------


表がちょっと見難くて申し訳ないが、9名もの日本人が活躍されている。オランダ交響楽団のファゴットを除いて、全て女性でほとんどがヴァイオリンという結果だった。ヴァイオリンは繊細な動きが要求されるので、短距離スピードスケートのように日本人に向いているのかもしれない。そういえば五嶋みどり(ニューヨーク)、庄司紗矢香(ケルン)といった海外を拠点にしたソリストたちも結構いる。ヴィオラ奏者の今井信子はアムステルダムにお住まいで、確か以前はコンセルトヘボウでも演奏していたと思う。このヨーロッパで例えばチューバ奏者にあえて東洋人を登用することもないであろう。

オラニエ公もレベルこそ相当違うものの、一応海外で活動中(活躍中?)の日本人。同胞の皆様の更なるご活躍を期待したい。

|

« コンセルトヘボウのブラームス1番 | Main | 五嶋みどり in クロアチア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オランダで活躍中の日本人演奏家:

« コンセルトヘボウのブラームス1番 | Main | 五嶋みどり in クロアチア »