« お聴き得な演奏会 | Main | ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムス »

August 30, 2005

ベートーヴェン・オーケストラ

昨日もコンセルトヘボウの「Robeco サマーコンサート」に二日連続で行ってしまった。しかも演目は前日と同じモーツアルトのコンチェルト+ベートーヴェンのシンフォニーという組み合わせ。ベートーヴェンの故郷ボンのその名も「ベートーヴェン・オーケストラ」というので、本家本元がまさに定番の「運命」をいかに演奏するかを聴きに行った。

日時: 2005年8月29日(月) 20:15~22:10
曲目: ベートーヴェン: 序曲「プロメテウスの創造物」 Op.43
モーツアルト:ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 KV.595
ベートーヴェン: 交響曲第5番ハ短調 Op.67
演奏: Beethoven-Orchester Bonn、指揮: Roman Kofman
場所: Het Concertgebouw (Amsterdam)

まず驚いたのがピアノ独奏者の Ingrid Haebler という方が、相当のおばあちゃんだったことだ(1929年生まれ)。コンセルトヘボウのホールは舞台斜め後ろの長い階段の先に扉があって、そこから独奏者と指揮者が降りてくるのだが、この方は舞台脇下の短い階段から足元がおぼつかない歩きで登場。それだけでおばあちゃんに敬意を表する大きな拍手喝さいが起きた。演奏の方は勿論おぼつかない所などは無く、慣れた感じでまろやかなサウンドを聞かせてくれる。KV.595は初めて聴いたが、2楽章はかなり有名なメロディだ。演奏が終わったら当然のようにオランダ人お得意のスタンディング・オベーションになった。

さて肝心の「運命」の方はというと、出だしの「ジャジャジャジャーン」は合っていたが、その次の「ジャジャジャジャーン」では頭が揃わない。やはりこの曲は本家のプロでも合わせるのが難しいのか。この冒頭の動機はこの日のプログラムでも「最も有名なクラシックのフレーズ」として紹介されていた。この点は日本でも共通だ。昨日のブロムシュテットの「第7」の重たいイメージをまだ引きずっていたせいか、この「運命」は意外と淡白に進んで終わった。何箇所か?な所はあったが、全体として「ベートーヴェン・オーケストラ」の名前には恥じないレベルだったと思う。

|

« お聴き得な演奏会 | Main | ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベートーヴェン・オーケストラ:

« お聴き得な演奏会 | Main | ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムス »