« コンサートチケット料金の内外格差 | Main | 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 »

October 28, 2005

チェコ国立交響楽団の演奏会

チェコ国立交響楽団の演奏会をユトレヒトに聞きに行った。ユトレヒトはオランダの丁度真中に位置するオランダで4番目に大きい街で、自宅からは車で約45分といった所である。チェコ国立交響楽団はチェコでは3番手くらいのオケだと思うが、オラニエ公の好きな東欧系のプログラムだったので聴きに行くことにした。何故ユトレヒトかというと、このオケのオランダでの演奏旅行で訪れるのはナイメーヘン、アイントホーフェン、ユトレヒトといった地方都市ばかりで、アムステルダムには来ないからである。ここら辺からもこのオーケストラの事項が何となく分かってくる。日本では何故か矢沢永吉のバックオーケストラとして全国ツアーをしたり、フジ子・ヘミングウェイと共演したりと、何かと話題にはなっているらしい。

会場の「Vredenburg」はユトレヒト中央駅の直ぐ近くにあるのだが、ここは何だか公民館のような感じの多目的ホールだった。また観客もアムステルダムのコンセルトヘボウとは違って、カジュアルな格好で来ている人も沢山見受けられる。この国を代表する大都市アムステルダムやロッテルダムと比較するのは酷かも知れないが、ユトレヒトには「おらが街のオーケストラ」が存在していないため、立派なホールを建ててオーケストラを応援する環境がまだ十分に育っていないのかもしれない。昔はユトレヒト交響楽団というのが存在したはずだが、今は一体どこに行ってしまたのだろうか。

日時: 2005年10月27日(木) 20:15~22:30
曲目: スメタナ: 歌劇「売られた花嫁」序曲
リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 S.124*
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43**
チャイコフスキー:交響曲第五番ホ短調 Op.64
ピアノ:Yingdi Sun*, Enrico Pace** 指揮: Daniel Raiskin
演奏: チェコ国立交響楽団
場所: Vredenburg Utrecht

チェコ国立交響楽団の演奏は東欧のオケに良く見られる弦がギコギコした感じの若干薄目のサウンドだったが、それを2人のソリストがそれぞれ別の曲を演奏するという異例のプログラミングでそれをカバーしていた。第一部だけで1時間以上掛かり、更にはその終了時のアンコールでこの二人のピアニストがピアノ連弾を聴かせてくれた。メインはチャイコフスキーの5番だが、技術レベルをパワーで補うような感じでまずまずの出来だったと思う。第二部のアンコールでもスラヴ舞曲を聞かせるあたりは、「チェコ国立」という名前のなせる約束事のようで、夜遅くまで東欧のサウンドをまずまず楽しんだオラニエ公であった。

|

« コンサートチケット料金の内外格差 | Main | 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/7335918

Listed below are links to weblogs that reference チェコ国立交響楽団の演奏会:

« コンサートチケット料金の内外格差 | Main | 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 »