« オルガン交響曲 | Main | 国立公園でサイクリング »

October 15, 2005

デスパレートな妻たち

「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」というテレビ・ドラマがNHK-BS2で始まった。このアメリカ・ドラマは昨年からABC系列で放送されて人気を博し、ここオランダでも毎週オン・エアされている。ブッシュ大統領夫人がインタビューで引用して、「私もデスパレート(絶望的な)主婦のひとりなのよ。」と笑いを取ったことも報道されていた。

リアル・タイムという訳には行かないが、アメリカ・ドラマ好きのオラニエ公も最初の2話を入手して見ることができた。何故このドラマに特に興味を持ったかというと、昔といっても10年ほど前の事だが、その頃流行っていたドラマの出演者がまた出ているからである。10年前には若きヒロイン・ヒーローだった彼等が、今また中年のパパ・ママ役で生き生きと演技している。

役名(今回の役) : 俳優 (以前の役)
ブリー・ヴァン・デ・カンプ(カリスマ主婦) : マーシア・クロス (「メルローズ・プレイス」の女医キンバリー)
スーザン・メイヤー (離婚中の童話作家) : テリー・ハッチャー (「スーパーマン2」のヒロイン)
トム・スカーブ(リネットの夫) : ダグ・サバント (「メルローズ・プレイス」のマット)

彼等は丁度オラニエ公とも同世代で、ちょっと大袈裟だが昔の仲間にまた会えたような気がして何となく嬉しい。自分もまた彼等と同様にこの10年で成長してるのか?というと、これはまた疑問である。それはさて置きコメディーでもありミステリーでもあるストーリーの行方に、これからも目を離すことは難しそうだ。明確なキャラクター設定と次々と展開する軽快なストーリー、これはまさに典型的なアメリカドラマである。今後の彼等の活躍と話の展開に大いに期待したい。

|

« オルガン交響曲 | Main | 国立公園でサイクリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デスパレートな妻たち:

« オルガン交響曲 | Main | 国立公園でサイクリング »