« 交響曲第14番「死者の歌」 | Main | ウラディミール・フェドセーエフ健在 »

February 26, 2006

モーツアルト・イヤーの陰で

今年は言わずと知れたモーツアルト(1756~1791)の生誕250年に当たり、彼の作品がその誕生日(1月27日)前後から続々とコンサートやTV番組で紹介されている。日本のNHK-BS2では「毎日モーツアルト」と言って、彼の曲を最初から1曲ずつ紹介なんていう番組もスタートしたようだ。この番組は彼の命日である12月5日にレクイエムを流すまで続くのだろうか。1月生まれで12月に没というタイミングはまさにこの手の企画にピッタリだ。

一方この陰でその他の幾つかの記念イヤーが埋もれてしまっていることをご存知だろうか。今年2006年はそれ以外の年でもあるのだ。

シューマン(1810~1856)没後150年
ショスタコーヴィチ(1906~1975)生誕100年

今年のコンセルトヘボウのサマーコンサートの中で彼らは取り上げられてはいるが、インパクトはどうしてもモーツアルトに負けてしまいちょっと可愛そうだ。しかもこの状態は今後50年毎に未来永劫繰り返されるはずだ。シューマンの命日は7月29日、ショスタコーヴィチの誕生日は9月25日。少なくともこの日は彼らのことを思い出して、その偉業に敬意を払いたい。

ちなみにオランダでは画家レンブラント(1606~1669)の生誕400年ということでイベントが行なわれている。これはクラシック音楽とは分野が違うので、却ってモーツアルト生誕250年と相乗効果がありそうな雰囲気がする。

生没年という偶然の成せる業だが、当の本人達にはあずかり知らないことなのであまり気にする必要も無いということか。


|

« 交響曲第14番「死者の歌」 | Main | ウラディミール・フェドセーエフ健在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/8856906

Listed below are links to weblogs that reference モーツアルト・イヤーの陰で:

« 交響曲第14番「死者の歌」 | Main | ウラディミール・フェドセーエフ健在 »