« オランダ国立バレエ団「白鳥の湖」 | Main | マタイいろいろ »

March 30, 2006

ウィーン・フィル in ブラッセル

現在世界を代表する三大オーケストラといえば、ドイツの「双璧」といわれるベルリン・フィルとバイエルン放送交響楽団、それにウィーン・フィルであろう。「双璧」は昨年の12月にそれぞれの本拠地で聞く機会に恵まれたが、ウィーン・フィルの楽友教会でのチケット入手は常に困難を極めている。そこでヨーロッパ内での演奏旅行をチェックしていたらお隣の国ベルギーのブラッセルでの公演があり、運良くチケットを入手することが出来た。料金は122ユーロ(約17,000円)と高めだが、天下のウィーン・フィルを聴けるということで、一路車を飛ばしてブラッセルに向かった。

演奏会場は"Palais des Beaux-Arts"、「美の芸術宮殿」とでも訳せるが、まずここが意外と今ひとつであった。旧めの石造りの建物で、中は大理石ではなくて漆喰張りみたいな感じ。音響効果や雰囲気もアムステルダムが世界に誇るコンセルトヘボウとは大きな違い。しかも休憩時間にはホールに人が溢れて満員電車状態だ。ブラッセルといえば欧州(EU)の首都でフランス文化の風薫るイメージがあったのだが、こと最高峰のオケを迎えるクラシックのホールについてはちょっとがっかりだった。

日時: 2006年3月29日(水) 20:00~22:15
曲目: モーツアルト:ファゴット協奏曲 変ロ長調K.191*
シューマン:交響曲第3番変ホ長調Op.97「ライン」
ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67
ファゴット: シュテパン・トゥルノフスキー* 指揮:クリスティアン・ティーレマン
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)
場所: Palais des Beaux-Arts (Brüssel)

肝心のウィーン・フィルの演奏の方もちょっとがっかり。特に管楽器はカスカスな音を出したり、全体でも「運命の動機」の最初の八分休符の取り方がまちまちで出だしが合わない。指揮者のティーレマンが客演でしかもまだ若いせいか、演奏に厚みはあるものの「双璧」ほどの迫力が感じられない。座席が最前列の端っこのコントラバスの直ぐ前というハンディもあり、後ろの方で聞けばもっと上手く聞こえたのかもしれない(舞台の真中が客席側にせり出している構造で、ファゴット協奏曲のソリストは最後まで見えなかった)。もちろんシンフォニックなサウンドの構成は高い水準にあったが、やはり本当のウィーン・フィルは本拠地のウィーンで聞かなければならないと確信してオランダに帰ったオラニエ公だった。

|

« オランダ国立バレエ団「白鳥の湖」 | Main | マタイいろいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウィーン・フィル in ブラッセル:

« オランダ国立バレエ団「白鳥の湖」 | Main | マタイいろいろ »