« ワインと英仏百年戦争 | Main | フランス東部の旅(アルザス編) »

August 30, 2006

身近な歴史を訪ねて -アンネ・フランク

昨日のブログに身近にある歴史の話をしたが、例えばここアムステルダムには、アンネ・フランクの家がある。「史跡」と言うにはあまり年月が経っていないが、今は博物館として毎日長蛇の行列が出来ている。

オラニエ公が気になったのは運河沿いのこの有名な「隠れ家」ではなく、その前にフランク一家が住んでいたアパートである。これは何故かほとんど知られていないが、今でも当時のままにアムステルダムの南地区(Zuid Amsterdam)に建っている。メルヴェデ通り37番地というごく普通のアパートの三階部分で、特に何の看板も説明もなく、普通の住居として人が住んでいる。アンネの話はここオランダではあまり話しにしたがらないようだが(オランダ人が裏切ってユダヤ人を密告した話だからか)、ここの住人はこのことに気がついているのだろうか。

このアパートの同じ建物の大通りに面した一階には、アンネの父オットーが日記帳を買った文房具店が今でも営業している。随分と歴史のあるお店だ。またここから歩いて十分位のところ、RAIという展示会場の近くにアンネの通っていた学校(モンテッソーリ・スクール)がある。カラフルに塗られた壁が目立つこの学校に、アンネ・フランクの名前が刻まれている。

ここの日本人駐在員がよく行く寿司屋さんのすぐ裏には、アンネの姉マルゴーが通った学校が今でもそのまま残っている。そうとは知らずにこの学校の脇に車を停めて、お寿司を食べに行った日本人は沢山いるはずだ。まさに隠れた歴史の跡がこんな身近にあるのである。


_007
フランク一家のアパート

_012
モンテッソーリ・スクール

_019
姉マルゴーの通った学校

|

« ワインと英仏百年戦争 | Main | フランス東部の旅(アルザス編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 身近な歴史を訪ねて -アンネ・フランク:

« ワインと英仏百年戦争 | Main | フランス東部の旅(アルザス編) »