« ユダの福音書を追え | Main | ワインと英仏百年戦争 »

August 28, 2006

オランダ・キンデルダイクの風車

オランダに遊びに来る日本からの友人達をガイドする機会が今まで何度もあったが、一番よく行ったことがあるのはキンデルダイクの風車群ではないだろうか。

世界遺産にも指定された20基近くの風車が運河沿いに立ち並ぶ姿は、オランダらしさを感じてもらうには迫力十分だ。でも行っても実際に回っている風車は0-3基位しかないことを予めご承知あれ。それから難点は時間を掛けて行っても(アムステルダムから1時間)風車群以外に何もないこと。運河沿いを歩いて右手の観光用の風車の中に入って見学。希望者は遊覧船に乗って運河から風車群を見学。それだけである。

先週も行って気がついたのだが、風車の代わりに水を吸い上げている大規模なポンプが見学可能に。そのせいか駐車場が有料(4.5ユーロも!)になったようだ。美術に興味のある人にはデルフト(フェルメールの街)やハーグ(マウリッツハウス美術館)とセットがオススメ。もう10回近くも行ったのでオラニエ公は正直飽きてきました。でもお客様が喜ぶのなら何度でも行きまっせ。

ここと競合するのがアムステルダム北郊にあるザーンセ・スカンスの風車。スケールはずっと小さいが、可愛い土産物屋や木靴工場もあってやはりオランダらしい。でも着いた途端に写真を撮られて帰りに売りつけられたり、あまりにもミニチュアな観光地という感じなので最近は行かなくなってしまった。車で約30分で着くこと、近くのフォーレンダムでの民族衣装を着ての記念撮影とセットにできるのは便利。お時間のない方は是非こちらへ。

_004
<オランダらしい天気のキンデルダイク>

|

« ユダの福音書を追え | Main | ワインと英仏百年戦争 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オランダ・キンデルダイクの風車:

« ユダの福音書を追え | Main | ワインと英仏百年戦争 »