« KLMオープン・ゴルフ | Main | ベルギーの小さい街デュルビュイ »

August 17, 2006

オランダ最南端の街マーストリヒト

休暇を利用してマーストリヒトの街にやってきた。ここはアムステルダムからも200Kmも離れたオランダの最南端。この国の領土がベルギーとドイツの間に大きくはみ出している所だ。その地理的な背景もあって、オランダの中ではユニークさが目立つところだ。例えば....

1. 土地に傾斜がある。
オランダ全土どこに行っても丘や坂道はほとんど見当たらないが、この街の近くの風景は丘や森があって立体感がある。高速道路に登坂車線があったのにはビックリ。
2. 背が低い。
背の高いことで有名なオランダ人だが、ここではそれ程でもないという。確かに女性の身長はラテン・サイズの人が多いような...。
3. ワインの産地
オランダ産ワインというのはここにしかない。ぶどうの栽培のまさに北限というべきか。早速買って来た。
4. カトリック
カーニバルで有名な街で、オランダの中ではカトリックの影響が強い。街の中心の聖セルファース教会では、384年にここで亡くなった聖人セルファースの墓があった。歴史もある街だ。

2年前にはカーニバルを見に来たのだが、祭りの喧騒の中でどんなところなのか良く分からなかった。実際に散歩してみると、建物の雰囲気は四角い赤いレンガ造りのみのアムステルダムと違って、三角屋根のあるベルギーに近い感じ。でもお昼に「パスタが食べたい。」なんて思ってレストランを探し回ったが、おいしそうなイタリアンの店はなくてダッチ飯のカフェばかり。その点はしっかりオランダでした。

Maastrichtwine_1
マーストリヒト産ワイン

Servaas
聖セルファースの墓

|

« KLMオープン・ゴルフ | Main | ベルギーの小さい街デュルビュイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/11535383

Listed below are links to weblogs that reference オランダ最南端の街マーストリヒト:

« KLMオープン・ゴルフ | Main | ベルギーの小さい街デュルビュイ »