« 祝1位通過・北海道日本ハムファイターズ | Main | フランス東部の旅(ブルゴーニュ&シャンパーニュ編) »

September 30, 2006

ガッティ - コンセルトヘボウの「悲愴」

アムステルダムにロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会を聴きに行ってきた。先週末のベルリン・フィルに引き続き、ヨーロッパ一流のオーケストラの演奏を楽しめるとはラッキーである。

コンセルトヘボウの2006/07シーズンは実質先週から始まったばかりで、主席指揮者のマリス・ヤンソンスの登場する11月までは客演指揮者の演奏会が続く。今週はイタリアの新進気鋭の指揮者ダニエーレ・ガッティのシリーズ。彼はアバドの後継者とも言われていた逸材で、現在はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の主席指揮者を務めている。

まず演奏が始まって改めて驚いたのは、先週聴いたベルリン・フィルとはサウンドの響きが全く違うということである。ここコンセルトヘボウのホールはウィーンの楽友協会ホールなどと同様、昔の建物で客席は基本的には平間。一方ベルリン・フィルハーモニーは階段状に座席が連なる立体的なホールだ。そこでの音の響き方は前者がソフトな音色を奏でるビクターのスピーカーだとしたら、後者は明晰なサウンドが売り物のケンウッドと言った具合だ。カラヤン時代のベルリン・フィルはCDのデジタルサウンドに適したきれいな響きというイメージがあるが、それはこのコンサートホールの影響もあるのかもしれない。ここコンセルトヘボウではオーケストラの音全体が丸くホールを包み込む感じで、より温かみのある演奏を楽しむことができる。

さて肝心のガッティの演奏だが、彼はオーケストラをかなり引っ張ってテンポの緩急を付ける(特に「急」)一方で、フェルマータの休符を十二分にとるというメリハリをはっきりさせるタイプだ(余談だが開演時や終演後でもなかなか期待したタイミングで舞台に現れないという「間」の悪い感じあり)。果たしてオーケストラがこれについて行けたかというと少々疑問。ベルクの曲はかなり頑張っていたが、「悲愴」の第1~2楽章は結構バラバラ。さすがに第3楽章はきっちり合っていたが、フィナーレでは少々間合いの取り過ぎが気になった。終演後の楽団員の雰囲気を見て、なんとなく「今週はちょっとキツかったね。とりあえずは合わせたけれど..」みたいな感じがしたのは気のせいか。でも第3楽章で最初は抑え目にして徐々に高揚感を高めて行く演奏にはブラボーで大満足。


日時: 2006年 9月30日(土) 20:15~22:15
曲目: ワーグナー : 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ベルク : 管弦楽のための3つの小品 Op.6
チャイコフスキー: 交響曲第6番ロ短調 Op.74「悲愴」
指揮: ダニエーレ・ガッティ(Daniele Gatti)
演奏: ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団


10月を前にヨーロッパのコンサート・シーズンも本格的にスタートだ。夜が長いヨーロッパの秋から冬は、クラシック音楽を聞きたいという誘惑をこの上なく強くする。これからもできる限り機会を見つけてはコンサートに足を運びたいものだ。

|

« 祝1位通過・北海道日本ハムファイターズ | Main | フランス東部の旅(ブルゴーニュ&シャンパーニュ編) »

Comments

ニュルンベルクのマイスタージンガーと悲愴とは、羨ましい限りです。

それにしても明晰なサウンドが売り物のケンウッドは誉め過ぎでは?やや高音重視なので明晰に聞こえるかもしれませんが、最近は原音再生にこだわってるようです。ところでどの原音って感じですけど。。。

Posted by: ろびー | October 04, 2006 at 01:11 PM

昨日もまたまた遅くまでどうもお邪魔しました。最近の新しいKENWOODのサウンドというのも聴いてみたいですね。

Posted by: オラニエ公 | October 07, 2006 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/12120141

Listed below are links to weblogs that reference ガッティ - コンセルトヘボウの「悲愴」:

« 祝1位通過・北海道日本ハムファイターズ | Main | フランス東部の旅(ブルゴーニュ&シャンパーニュ編) »