« 身近な歴史を訪ねて -アンネ・フランク | Main | 世界遺産 フランス縦断の旅 »

September 02, 2006

フランス東部の旅(アルザス編)

今年の夏休みはまだ暑かった7月の下旬に車でフランスを回ってきた。特に最近ワイン好いているオラニエ夫人の影響もあり、アルザス、ブルゴーニュ、シャンパーニュというワインの里を巡ってWine&グルメを楽しむことができた。

フレンチ・アルプスまで加えた11日間だったが、同じフランスでも色々な違いがあり、気がつくとあっという間に終わってしまった。アルザスで特に興味深かったのは、どこまでも広がるブドウ畑の中に点々と現れる小さな村々の美しさだ。フランスというとまずパリを思い起こすが、今回訪れた所はどこも個性的で可愛い街で、大都会にはない魅力に溢れている。

旅行記に残そうとは思ったものの、なかなか完成させるまでの時間がない。まずは最初の3日間(アルザス編)をオラニエ公のホームページにアップしたので、興味のある方はご覧ください。

<アルザス編・旅程>
7月21日(金) アムステルダムからストラスブールに移動
7月22日(土) アルザス探訪(その1) : ストラスブール、サン=キラン、リックヴィル
7月23日(日) アルザス探訪(その2) : リボーヴィレ、ニーデルモルシュヴィール、イルハーゼン


このアルザス編に続くフレンチ・アルプス編も近日中にアップの予定。

Photo
アルザス伝統料理ベックオフ(Baeckeoffe)の容器

|

« 身近な歴史を訪ねて -アンネ・フランク | Main | 世界遺産 フランス縦断の旅 »

Comments

どうもお邪魔致します。ろびーでございます。

そうですよねー、フランスの小さな村々って美しく、かわいいですよね。何故かフランス以外ではこういう町に出会ったことがありません。なんでだろう??

オラニエ公も旅行記がんばって下さいね。

P.S. 勝手にろびーのブログのお気に入りに入れさせて頂きました。事後報告ですみません。

Posted by: ろびー | September 04, 2006 at 10:20 AM

旅程を拝見するだけでもお腹が空いてきそうです。ベックホフ用の容器を買ってくるのを忘れた私としてはどうしても再訪しなくてはならないアルザス、普通の鍋で作ったら「ただの肉じゃが」になってしまうベックホフ、やっぱり器も重要ですよね。でもそのときはベックホフ容器だけでは私の購買意欲は納まらないのだろうなぁ~....

Posted by: 小百合 | September 04, 2006 at 11:33 AM

ろびーさん、小百合さん、コメント&ブックマークありがとうございます。
この旅で我が家もすっかりフランス・ファンになりました。
旅行記の続編、がんばります。

Posted by: オラニエ公 | September 04, 2006 at 11:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/11738103

Listed below are links to weblogs that reference フランス東部の旅(アルザス編):

« 身近な歴史を訪ねて -アンネ・フランク | Main | 世界遺産 フランス縦断の旅 »