« やったぜファイターズ、日本一! | Main | サイモン・ラトル再び »

October 30, 2006

「自壊する帝国」を読んで

表題の本(新潮社)を読み終えた。この著者佐藤優さんという人はロシア専門の外交官。2002年に鈴木宗男疑惑に連座して逮捕され、執行猶予付き有罪判決を受けて現在控訴中。駆け出しの外交官としてモスクワに駐在していた1980年代後半からソ連の崩壊(1991年末)までを中心に、そこで出会ったロシア人(学生、政治家、軍人等)との交流や連邦崩壊の内幕を生々しい体験に基づいて語っている。オラニエ公は個人的に1991年の大晦日を旅行中のモスクワ(音楽祭)で迎えたという偶然もあり、ここら辺の内輪話には元々興味があって十分読みごたえがある内容だった。

まずこの人物のタフさには驚嘆の一言である。ウォッカを2-3本飲んでも大丈夫という強靭な耐アルコール性。ロシア人との付き合いではこれくらいの酒量がないと本音は出てこないとのこと。下戸のオラニエ公には全く無理な話だ。ロシア駐在でなくて良ーかった。それはさておき、この人は打算ではなく「裏切らない人付き合い」をとことんまで追求するタイプのようだ。信頼する人のためには身を危険に晒すことも惜しまない。リトアニア独立宣言の時も、ゴルバチョフ大統領が拘束されたクーデター騒動のときのエピソードも、文面をその通り解釈すればまさにそれを実践している。

「国益」を常に考えて判断を下すプロフェッショナリズムも大したものだ。あまり人に相談することなく外交に関わるような重大な判断をするというのは大変なプレッシャーだろう。「宗男疑惑」のことはほとんど知らないが、こういう筋の通った強力な人物が外交官として力を発揮できないというのは、国家としての損失なのではないかと思う。外交官にも「キャリア組」と「ノン・キャリア組」があるが、彼はその後者である。この入省時の違いに基づく硬直した官僚制度も不思議である。「キャリア組」を押し退けてでも活躍して、「北方領土」を初めとする外交上の懸案をスピーディーに解決してもらいたい。そう感じさせるに足る迫力溢れる一冊であった。

|

« やったぜファイターズ、日本一! | Main | サイモン・ラトル再び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/12497788

Listed below are links to weblogs that reference 「自壊する帝国」を読んで:

« やったぜファイターズ、日本一! | Main | サイモン・ラトル再び »