« October 2006 | Main | December 2006 »

November 27, 2006

イギリスのオケ、ロイヤル・フィル

1週間前のロンドン旅行に引き続き、偶然にもロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(RPO)の公演を聴く機会に恵まれた。今度の場所は”Codogan Hall”という1,000人位が入れるこぢんまりとしたホールで、日本で言う「公会堂」のようなところだ。この前のロイヤル・アルバート・ホール(5,000人以上収容)とは演奏会そのものの雰囲気も大分違う。来ている人もカクテル片手にオシャレと言う感じではなく、地元の年配の方々が中心だ。

今日もピアノ・コンチェルト(ベートーヴェンの「皇帝」)がプログラムに入っているが、独奏者はアルゲリッチのような大御所ではなく、Hee Jin Kimという韓国のピアニスト。大曲である「皇帝」に挑むという感じで一生懸命に演奏をしたが、残念なことにオーケストラとの息が今ひとつ合わない。ピアノを目立たせようとしているのかもしれないが、もう少しオーケストラにも気合を入れてやって欲しいと思った。終演後に客席から拍手と共に口笛が激しく吹かれていたが、これはブーイングなのだろうか?

メインは聞いたことの無いヴォーン・ウィリアムスの交響曲だったので、もう帰ろうとも思ったがついでにということでホールに残った。休憩時間にはどこからか隙間風が入ってきて足元が寒い。ちょっとRPOのホールとしてはシャビーだなあなんて思っていたが、結果として帰らなかったのは大正解。この曲自体ヒースの野原を想像させるイギリス独特の美しい響きがあり、印象的なイングリッシュ・ホルンの独奏を含めて綺麗なメロディーが楽器間を受け継がれて展開して行く。うーんやはりこの感じはホルストを連想させる「イギリス音楽」だ。オケも「皇帝」の時と比べると、みんな集中して美しい響きを出そうと言う強い意志が感じられる。やはりイギリスのオケなので、自国の作品となると(ロシアのオケがそうであるように)気合の入り方が違うようだ。

この曲の作曲年代は1943年。まさにナチス・ドイツとイギリスが死闘を繰り広げていた時代である。そのせいかこの曲にはダイナミックさはないが、その代わり平和を願う作曲者の意志が数々の美しい旋律に乗り移っているようだ。ナチス占領下のフランスでのワイン農家のレジスタンスについての本を丁度読んでいるのだが、その頃ドーヴァー海峡の向こうでは平和を願う音楽が作曲されていたことになる。それで別にどうしたということではないが、そうしたヨーロッパの歴史も体感できた演奏会であった。

日時: 2006年 11月 27日(月) 19:30~21:30
曲目: ウェーバー : 歌劇「魔弾の射手」序曲
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.73 「皇帝」*
ヴォーン・ウィリアムス : 交響曲第5番 ニ長調
ピアノ: キム・ヒジン (Hee Jin Kim)*
指揮:クリストファー・ウォーレン=グリーン(Christopher Warren-Green)
演奏: ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

ロンドン「パブめし」

3日間のロンドン旅行の中で改めて注目したのが、イギリスの「パブめし(=パブでの食事)」である。日本ではパブとは夜お酒を飲むところであるが、ここでのパブは昼間から開いているし、結構な食事のメニューもある。大陸では「カフェ」あるいは「ブラッセリー」と呼ばれる部類の飲食店が、イギリスでは「パブ」に当たるのだと思う。短い時間で軽く食事をしたい、だけどファースト・フードはイヤという場合に丁度良い。

初日のお昼に行ったのはピカデリー・サーカスからも程近いソーホーの一角にあるアイリッシュ・パブ "Waxy O'Connor"。入口を入ると正装した英国紳士たちが立ち飲みビールでおしゃべりをしていたが、そこを抜けると暗い室内の階段が続き、三々五々テーブルを囲んで食事も出来るようになっている。地下の大きなカウンターには幾つもビール・サーバーが並び、どこかのテーブルからはほろ酔い気分の若者たちの歌というか騒ぎが聞こえてきて雰囲気は満点。席を探して着きメニューを見ていると程なくウェイターがやって来て「申し訳ありません。オーダーはカウンターでお願いします。食事は後でお持ちしますから。」と本当に申し訳なさそうに説明をしてくれた。さすがは英国(?)、店でのこんな丁寧な対応は久しぶりのような気がする。このパブはシーフードもお勧めとあって「生牡蠣・ハーフダース」を二人でシェア。オラニエ公は久しぶりに「フィッシュアンドチップス」、オラニエ夫人はと「クラムチャウダー」そしてGINESSビールのハーフパイントをオーダー。

英国パブのひとつのポイントはこのオーダーの方法である。カウンターに行って注文をしてお金も支払い、まず飲み物だけは自分で席に持ち帰る。食事は後で店の人が持ってくる。少なくとも飲み物はすぐ飲めるし、店を出る前の支払いに時間が掛かるというヨーロッパ大陸のカフェでの煩わしさもない。二日目のカンタベリーで行ったところも仕組みは同じで、共に料理も比較的早く出て来て、これもアングロ=サクソンの合理性かと感じ入る。大陸のカフェで1時間かかるランチが、イギリスのパブめしだと45分位で終わるようなイメージか。なかなかテキパキとした動きがストレスを感じさせない。特にお昼時には食の文化に触れると言う意味でも、そこそこの味が楽しめる「パブめし」がお勧めである。


_005 <パブ・カウンター>
_008 <生牡蠣>
_009 <フィッシュ&チップス>

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 18, 2006

「オペラ座の怪人」 in ロンドン

ロンドンへの小旅行。イベント「その2」は本場ロンドンのミュージカル鑑賞である。ブロード・ウェイと双璧とも言われるここロンドンのウェスト・エンド。今日もまたミュージカル見学の大勢の観光客で賑わいを見せている。普段羊や牛を沢山見掛ける生活に慣れてしまうと、こうした都会的な状況の中にいるだけで疲れてしまいそう。それだけ人も集まればレベルの高い文化が栄えるのは古からの慣わしで、ここからは「ミュージカル」という強力な文化が発信されているのである。

しかし考えてみるとクラシック音楽についてはロンドンという地はインパクトが弱い。作曲家もドイツ出身のヘンデル、「威風堂々」で有名なエルガー、学校の音楽の時間に聞いた「青少年のための管弦楽入門」のブリテンあたりがイングランド代表と呼べそうだが、ドイツやオーストリア、フランスに比べてかなり見劣りする。オーケストラも然りで同じ「首都のフィルハーモニー」でも、ロンドン・フィルとベルリン・フィルやウィーン・フィルでは大きな違いがある。やはりアメリカに近いので、より大衆に訴える文化(例えば映画、ポップス、ミュージカル等)の方が向いているのであろうか。

そんな長い前置きはさておき、やって来ましたその名は「Her Majesty Theatre」。今日のというかここの演目はあの有名な「Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)」。オラニエ夫人の強力な薦めで何とか確保した2枚のチケットを握り締めて開演45分前には到着。カクテルなんぞを口にしていざ開演。座席は前から2列目と迫力も期待できそうだ。

ミュージカルは初心者のオラニエ公。いきなり迫力溢れるメイン・テーマと共に目の前をシャンデリアがせり上がって行ってビックリ。歌での進行やオーケストラの生演奏はオペラと同じだが、マイクも使う上に曲もより感情的でムーディである。劇中劇でオペラやバレエが演じられていたこともあって、少々頭の中は混乱気味。だが速いストーリー展開の中で、ファントム役の甘いテノールの声が切ない感情をよく表現し、名曲と呼ばれる聞かせどころのアリアも入る頃には、他のことをすべて忘れてこの世界に引き込まれている自分を発見。オラニエ夫人が強く薦めただけのことはある。

キャスティングで面白かったのはラウル子爵というヒロインの恋人役。「私は白馬の王子」と顔に書いてあるような、い・か・に・もという役者さん。ちょっと頼りなげな感じがまた何とも言えない。また劇中オペラのプリ・マドンナ役(カルロッタ)の人は一昔前のオペラ歌手のような貫禄の体型で、歌部門では他を圧倒。そのせいかヒロイン役は今ひとつ線が細く感じられてしまった。

ストーリーは事前にネットで検索して読んでおいたので大体分かったが、やはり英語がしっかり聞き取れればもっと感動できたのだろう。特に「怪人」がかなり「ストーカー」のように感じられてしまったのはそのせいに違いない。こうなったら年末にでも日本公演でももう一度見て確認をしたいと思った、ロンドンでのミュージカル体験であった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2006

アルゲリッチの演奏会

週末を利用してロンドンへ小旅行。イベント「その1」として、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(RPO)の演奏会をロイヤル・アルバート・ホールに聴きに行った。このホールは夏のPROMSの開催場所として有名で、2年前の旅行のとき以来である。

今日の演奏会のメイン曲は「シェエラザード」だが、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)によるラベルのコンチェルトの方が興味深い。アルゲリッチといえば今や大御所のひとりにも位置づけられる情熱的なアルゼンチン出身のピアニスト。タクトを振るのは彼女の元夫でもあるシャルル・デュトワで、確か以前にアムステルダムでもこのコンビネーションを聴いた記憶がある。ドタ・キャンが多いことで有名な彼女だが、ホールに入ってからも特に案内が無いので、幸運にも今日はその演奏が聴けるようだ。

陣取った座席はホールの2階部分のボックスシート。4人分で一ボックスが貸切になっていて、スペース的にも余裕があって満足。隣のボックスでは家族連れがシャンパン片手にサロン・コンサートのような感じで演奏を楽しんでいる。残響が長過ぎて音響的には今ひとつのホールなので、こういうシートで演奏を楽しむというスタイルも悪くはないだろう。

最初の演目はシベリウスの「カレリア組曲」。ところが曲が始まって30秒と経たないうちに「これは何?」みたいな感覚に襲われた。ホールの音響のせいもあるのだろうが、弦を中心に音に厚みがなくてポップス・オーケストラのような響きなのである。確かにRPOは昔から「フックト・オン・クラシック」というアルバムのように、クラシックをポピュラー風にアレンジして演奏するのが得意だったことを思い出した。かと言って音が合わなくて下手というのとも違う。これはヨーロッパ大陸とは違った、アメリカに近いアングロ=サクソン系のサウンドというものなのだろうか。

そうこう考えているうちに2曲目に進んでアルゲリッチが登場。髪の毛も相当白髪が増えて貫禄を感じさせる。60歳をもう超えているのだが、年齢による衰えなどというものを一切感じさせない演奏だ。ラベルの協奏曲ははじめて聴いたので他の人との比較は難しいが、タッチは正確かつスムーズで、円熟味を帯びた演奏を聴かせてくれた。更に圧巻だったのがアンコール。ソリストのアンコールというのはあまり聞かないが、今日は特別に(?)一曲独奏曲を披露してくれた(バッハ辺りの作品か?)。特にこの独奏の間はホールの観客全員が彼女の演奏に強く引き付けられていた。ピアノ独奏を聴くのは久しぶりだが、情緒溢れる名演に大満足である。

メインの「シェエラザード」は「オーケストレーションの魔術師」と言われるリムスキー=コルサコフの作品だけあって、ソロが多くて難易度が高い曲だと言うことが改めて分かった。特に聞かせどころのソロ・バイオリンはもうちょっと頑張って欲しいと思ったが、ソリストではないので元々難しい話かもしれない。やはりアルゲリッチが一番印象に残った演奏会だった。

日時: 2006年 11月 17日(金) 19:30~21:30
曲目: シベリウス : 組曲「カレリア」 Op.11
ラベル : ピアノ協奏曲ト長調*
リムスキー=コルサコフ : 交響組曲「シェエラザード」 Op.35
ピアノ: マルタ・アルゲリッチ (Martha Argerich)*
指揮: シャルル・デュトワ(Charles Dutoit)
演奏: ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
場所: ロイヤル・アルバート・ホール (ロンドン)


_024

<アンコールが終わって>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2006

「ワインの自由」

友人から推薦された表題の本(堀賢一著:創美社)を読み終えた。著者はカリフォルニア在住のワイン専門家で、ワインの基本的な知識から、業界の実態やそれに対する思い等を綴るコラム集である。オラニエ公としては例えば「シャブリに見られる火打石のような香り」と言われてもあまり想像がつかないが、産地の特性やトピック、栽培方法、製造過程などの話はなかなか奥が深くて興味をそそられる。

例えば「日本産」とされているワインの中身の多くはブルガリアやアルゼンチン、チリといった安く生産が可能な国からの、バルク・ワインあるいは濃縮果汁としての輸入に基づいて生産しているとのこと。これらは単に「輸入ワイン使用」と書かれているだけで「国産品」として流通している。これって一体何者と言う感じだが、以前ボーヌで見かけた「世界のワイン生産地図」に載っていたブルガリアのワインが、店頭にはほとんど並んでいない謎が解けた気がした。それは「日本産」として出荷されているのだ。

ワイン大国であるフランスの伝統に基づいた制度と、New Worldと呼ばれる地域(アメリカ、オーストラリアなど)の科学的・合理的なワイン産業の違いも面白い。特にフランスは全国原産地呼称協会(INAO)や原産地統制呼称法(AOC)という制度が、ワイン作りのさまざまな過程に規制を作っている。またワインの生産過剰に伴なう減反政策も実施されているようで、零細なワイン農家は後継者不足も加わって淘汰されつつあると聞いた。これはまさに日本の稲作と似ている。まあコメはフランス・ワインほど国際的には受け容れられていないが。自国での消費量が落ち込んで、量から質へと変換しているのもコメと同じだ。この半世紀で量としてはほぼ半減しているが消費金額は若干伸びていると言うから、皆より高級なワインを少量飲んで楽しむ生活になってきているのであろう。

あと面白かったのは「ブラインド・テイスト」のこと。これはラベルを見ずにワインを飲み比べることで、かなりの専門家でもカリフォルニア産の普通のワインをフランスの上級のワインと取り違えたりしてしまうことがあるそうだ。真っ暗闇だと「赤」か「白」かの区別もつかないこともあるとか。ラベルというかブランドに影響されて、「ああこれはさすがXX年製のYYワイン」などと(実際にはそうでなくても)満足してしまうところが、人の機微を突いているようで面白い。クラシックの演奏も「これはベルリン・フィルの演奏」とCDのラベルに書いてあれば、確認するすべも無く「やっぱり上手い」という心理が無意識に発生しそうなのと似ているか。いずれにしてもその味や音楽で個人が満足できれば良い話である。

このヨーロッパ生活で、オラニエ夫人のワインの量というかたしなむ回数が増えてきているような気がする。これまた「ワインの自由」を楽しんでいるようだ。オラニエ公もワイン産地への旅やワイン・グラスを傾けての楽しいお付き合いが増えてきた今日この頃、もっとワインの奥深さを探求したいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2006

サイモン・ラトル再び

この前ベルリン・フィルハーモニーで図らずも大接近したサイモン・ラトルにまた会いたいという強い思いから、今日はロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に出掛けた。ベルリン・フィルの主席指揮者でもある現代の巨匠の一人が、何故ロッテルダムに客演なのかは知らないが、ベルリンまで行かなくてもその生演奏を聞けるというのはまたとないチャンス。普段のゲルギエフ以外の公演だと空席が目立つDe Doelenのホールだが、今日はもちろん熱心なクラシック・ファンでほぼ満員。期待感がみなぎる雰囲気の中でコンサートは幕が開けた。

まずはワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」から「前奏曲と愛の死」。どこまでが「前奏曲」でどこから「愛の死」なのかいつも疑問に思いながらも聞き流してしまう曲だったが、今日は全く別物。切ないと言うか官能的なメロディーが、これでもかこれでもかと繋がって盛り上がり、聴衆を全く別の世界へ連れて行ってしまった感じだ。これ程の哀切な響きをロッテルダム・フィルが珠玉のような美しさで奏でることができるとは驚きだ。さすがはサイモン・ラトル。彼のタクトがオケの潜在力を120%引き出した感じだ。偶々会場に来ていたクラシックに造詣の深い会社の同僚Nさんも、これは絶賛に値するとの手放しの評価だ。

次のマーラーの歌曲集は初めて聞く曲だった。若い東欧系のソプラノ歌手が熱唱。最近のオペラ歌手は昔と違ってスリムで綺麗な人が多いんだなあ、きっとこの子もラトルに見出されて売り出し中なんだろうなあ、なんて思って見ていた。後で家に帰って調べたら、彼女はマグダレナ・コジェナーというチェコ出身の今まさに脚光を浴びているメゾ・ソプラノの歌手。なんとサイモン・ラトルのパートナーだった。オラニエ夫人が「サイモン・ラトルの奥さんって若い人なんだよね。」なんて言っていたのだが、まさにその方だったのである。お互い再婚のようだがお二人の年の差は何歳なのかしら?二人セットで出演という条件に引かれてロッテルダム公演もOKしたりして。

そんな勘ぐりはさておき、演奏会のメインはブラームスの一番。さすがに最初の1-2楽章はオケの音色が「トリスタン」ほどの洗練さを欠く部分もあり、2楽章のバイオリン・ソロが今ひとつだった。しかし全体としてのまとまりというか完成度は高く、特にフィナーレでは再びタクトの魔術が蘇ってきたようだ。「第九」に似ていると言われる主題が重厚なユニゾンで流れ始めると、これがまた例えようも無いほど美しく綺麗に響く。この主題ってこんなに素晴らしかったのかと再認識。サイモンの指示の下各パートが緊張感を保ちつつ最後のコーダに向けて曲は進み、シンフォニックかつ調和の取れた響きで美しくエンディング。鳴り止まぬ拍手の中、ロッテルダム・フィルの楽員たちも床を踏み鳴らしてサイモンを喝采。普段には無い満足感を得られたのであろう。もちろんオラニエ公も、また特に夫人も大満足。こんな体験を37ユーロという入場料でできるのというのはなんと言う幸せなことか。

日時: 2006年 11月 4日(土) 20:15~22:30
曲目: ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」から前奏曲と「愛の死」
マーラー : 歌曲集「リュッケルトによる5つの詩」*
ブラームス: 交響曲第1番ハ短調 Op.68
ソプラノ: マグダレナ・コジェナー (Magdalena Kozena)*
指揮: サー・サイモン・ラトル(Sir Simon Rattle)
演奏: ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
場所: de Doelen (ロッテルダム)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »