« イギリスのオケ、ロイヤル・フィル | Main | ドラマ「のだめカンタービレ」 »

December 02, 2006

「ワインと戦争」

先週ここで日本人を対象にした「ワイン・セミナー」が開催され、盛況のうちに終わったようである。今この平和な時代のセミナーでは各国のワインが紹介されていたようだが、フランスのワイン農家は第二次大戦中にドイツの占領の下、数知れぬ艱難辛苦を経験させられた。我が家のワインご指南役の友人の薦めで読んだ表題の本には、その時代の人々の生き様が語られている。

副題は「ヒトラーからワインを守った人たち」となっているが、お酒を飲まなかったヒトラーよりもゲーリングを初めとするナチス幹部の命令の下、戦場の兵士や占領軍が様々な形で何千万本ものワインやシャンパンを徴発して行った。緒戦であっけなくフランス軍が降伏すると、ドイツはフランスを代表する文化でもあり心でもある「ワイン」に目をつけて、それをタダ同然にでも入手して楽しむと同時に、商売をして儲けようと思ったのである。

ところがこのドイツ軍の企みは色々な形での抵抗に遭い、当初の期待ほど上手く行かない。文化を守ろうとするフランスの農家の行動は素朴であり巧みでもあった。例えば、

- ワイン倉の壁を塗りつぶしてワインを隠す。
- 質の悪いワインに高級ブランドのラベルを貼ってドイツに送る。
- 地下のワイン倉庫にユダヤ人をかくまって国外に脱出させる。

というなことを次々と危険を冒してでも行なわれたら、どう見ても占領している側の方の分が悪くなる。しかも迷路のような地下のワイン倉庫は、レジスタンス活動にうってつけの場所である。

収奪を効率よく行なうためにドイツからフランス各地に派遣された「ワイン総督」は、元々事情に通じた同業者であり戦後の商売のことも考え、100%ナチスからの指令に従った訳ではなかった。その一方で戦後に対独協力者として裁判にかけられたワインのネゴシアン(仲買人)もいる。この辺りの国と国との対立とワインというビジネス&文化に対する個人の心情との関係が特に興味深い。

実際に出征したワイン農家出身の兵士の話、特に捕虜収容所でのワイン・パーティの話は感動的だった。年間一人100リットル以上のワインを飲む時代で、数年間の虜囚生活を経てようやく一人一杯のワインを手にした時の感激はいかほどのものだったろうか。

こうした先人達の苦労の上に現在のワイン産業や文化が花開いている。ワインの味は如何に出来上がるまでの工程に愛情を注ぐかによって決まると言う。それは今作っている人の愛情だけではなく、歴史上の名も無い人たちの努力の積み重ねでもあるということが認識できた一冊だった。

|

« イギリスのオケ、ロイヤル・フィル | Main | ドラマ「のだめカンタービレ」 »

Comments

たまに古いワインを飲む機会があると、どこの名前であっても、戦争を乗り越えてきたんだなぁと何時も関心していました。 今回の本の御紹介、とっても興味深いです。 私も是非読んで見なければ。単なる高価な飲み物としてだけよりも、こういった歴史的な背景があるともっと興味わきますね。

Posted by: ボー | December 04, 2006 10:51 PM

ボー様

返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
戦争を乗り越えてきた古いワインというと数十年物ですか? この本の面白いところは、フランスのシャンパーニュ、ボルドー、アルザス等様々な地域での異なる物語が紹介されていることです。この後でそこを訪ねることもできますね。この本は「ご指南役」の方からお借りしたものなので、読む機会を作ることはできると思いますよ。

Posted by: オラニエ公 | December 08, 2006 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ワインと戦争」:

« イギリスのオケ、ロイヤル・フィル | Main | ドラマ「のだめカンタービレ」 »