« 「9・11の謎 -世界はだまされた!?」 | Main | 「モーツアルト99の謎」 »

January 28, 2007

伝説のカンタービレ

今や日本のみならず、世界に散らばる日本人もハマっていると思われる「のだめカンタービレ」。ドラマは昨年のうちに終わっているのだが、我が家でもまだまだホットである。例えばオラニエ夫人は毎日のようにブラームスの交響曲第1番(通称:ブラ1)を聞きながら家事をしているし、最近買ったYo-Yo-MaのCDのドヴォルザークのスラブ曲ホ短調、「これって『のだめ』でよく流れていた曲だね...」みたいなパターンが多い。

そこで改めて「のだめ」でメジャーになった曲のCDを見てみると、実は我が家にはその伝説的な名演奏があることに気がついた。まずは「のだめ」のテーマ曲ベートーヴェンの交響曲第7番(ベト7)では、カルロス・クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団の1982年のライブ録音を入手。これは巨匠カール・ベームの追悼演奏会という特殊な場での演奏ということもあってか、かなり躍動的で飛んだ演奏を聞くことができる。途中でオケが乱れることもあるが、それでもフィナーレに向けて突き進んで行くスピード感とパワーは凄い。

これについては「しんいちろう様」のブログにも書かれているのでご参照ください。このCDのものではありませんが、クライバーが指揮するライブ映像も見られます。

一方「ブラ1」はキリル・コンドラシン指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団による1980年のこれもまたライブ盤である。クライバーの「ベト7」程一般的な評価は高くないが、ロシア東欧モノ好きのオラニエ公としては、西側に亡命した旧ソ連の大指揮者コンドラシンと、今の地元アムステルダムの名門オケというカップリングが堪らない。彼は亡命後わずか3年で惜しまれつつ不帰の人となったが、この録音はその死の1年ほど前の公演である。旧ソ連のオケに共通した中低音金管がうなるようであり、それでいて西欧風の上品さも保っている名演である。フォルテの迫力は満点だがそれでいてフィナーレの歌うような主題はとても優雅で美しい、そういうメリハリのある演奏だ。

偶然かこの2枚とも約25年前のライブ録音であり、クライバーやコンドラシンも今や往年の巨匠に位置付けられつつある。更に一昔前のトスカニーニやフルトヴェングラーの演奏もそうだったが、特に「ライブ録音」は観客がいる臨場感から余計その時代背景や緊張感が伝わってくる。しかもそのオケと指揮者の組み合わせは一度きりだったり、戦争や追悼公演というような特殊な事情があったりして、そこから「伝説の名演奏」が生まれるのだろう。これからもこうした名演のCDを聞いたり、あるいはまさにその場で聞きたいものである。


参考までに紹介したCDの詳細を書いておきます。

ORFEO : C 700 051 B (オーストリア製:購入価格18.90Euro)
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92
カルロス・クライバー指揮 バイエルン国立管弦楽団 1982年 5月3日ライブ

フィリップス : PHCP-9242 (日本製:1,450円=現在品切れ中)
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68, 1980年 2月29日ライブ
メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調 Op.90 「イタリア」, 1979年 11月17日ライブ
キリル・コンドラシン指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

|

« 「9・11の謎 -世界はだまされた!?」 | Main | 「モーツアルト99の謎」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伝説のカンタービレ:

« 「9・11の謎 -世界はだまされた!?」 | Main | 「モーツアルト99の謎」 »