« 復活目指すサンクトペテルブルク・フィル | Main | 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 »

February 24, 2007

ネーデルランド・オペラの「タンホイザー」

今日はネーデルランド・オペラの「タンホイザー」をアムステルダムのミュージックシアター(Het Muziktheater)に見に行く。オランダでオペラを見るのはこれが初めてだが、ほぼ100%ネクタイ着用のドイツに比べて結構ラフな格好の観客も多く3階建てのホールは超満員だ。

「タンホイザー」は全3幕3時間30分もの大作なので、通常より早く18:30に開演。この前聞いた「トリスタンとイゾルデ」が少人数による対話中心の作品なのに対し、こちらは大合唱団が活躍する華々しいオペラ。聞いたことのある有名なメロディーも随所に現れるので、その意味ではとっつき易く楽しむことができる。午前中のゴルフ・ラウンドの疲れもなんのその、オラニエ公もほぼ全曲気を失うことなく観劇できた。

演出上面白かったのは第二幕。有名な歌合戦の場では、中世の吟遊詩人たちがスタンド・マイクの立つカラオケのステージのようなところに行って、マイクを奪い取っては歌い合うという場面が展開。この演出にはつい先日カラオケ・バーを貸し切っての送別会を楽しんだばかりのオラニエ夫人にはかなり印象的だったもよう。さらにこの歌合戦の観客の紳士淑女達が何故か全員日本のと思しき鎧兜を付けていたのが不思議だ。特に頭にかぶった兜の角がまさにカブトムシのみたいだったので、「なぜ虫の集団?」と思わせるところも一興。

注目のオペラ歌手だが、タンホイザーを演じたのはJohn Keysというアメリカ出身のテナー歌手。どこかで見覚えがあると思ったら、先日見た日本のテレビ番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」でべルギー在住の指揮者大野和士が紹介され、ブラッセルのモネ劇場で「トリスタンとイゾルデ」を振った時のトリスタン役に抜擢したその人だった。その大きな体を生かして、他のメンバーからは頭一つ抜け出た間のある熱唱。特に第二幕の歌合戦のヴェーヌスベル クのメロディーを歌うことを抑えられないという場面での演技が印象に残った。これに次ぐのが国王ヘルマン役で、図太く威厳に満ちた歌は安心して聞くことができる。タンホイザーの親友ウォルフラム役は、ヴィーナスから最も遠くにいるような「真面目なお役人」という感じは良かったのだが、体が細身のせいか声量が今ひとつでちょっと残念。

オラニエ公の席は2階席(ここでは1階席)の最後列で、お値段は35ユーロというお手頃価格。特にこの辺りは舞台上方にあるオランダ語字幕パネルが見えないので安くなっているらしいが、舞台は良く見えたしパネルは見ても分からないので問題なし。次に行く機会があったらまたこの辺りが狙い目かもしれない。

終演は11時近くになったが、最後もまたひとしきり有名な「巡礼の合唱」のテーマで盛り上がって終幕。やはり「タンホイザー」は何回見ても楽しめる演目だ。家に帰ったらもう一度DVDでおさらいをしよう。


日時: 2007年 2月 24日(土) 18:30~22:45
演目: ワーグナー :楽劇「タンホイザー(タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦)」
主な配役: タンホイザー:John Keyes、ウォルフラム: Roman Trekel 、
領主へルマン: Kristinn Sigmundsson、エリザベート:Ricarda Merbeth
演奏: ネーデルランド・フィルハーモニー管弦楽団
合唱: ネーデルランド・オペラ合唱団

|

« 復活目指すサンクトペテルブルク・フィル | Main | 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 »

Comments

オラニエ公さま、お久しぶりです、
貸切カラオケ・バーで百恵ちゃん♪を堪能した小百合です。
このタンホイザー、とっても行きたかったのですが逃しました...
昔々、序曲がインスタントコーヒーのCMに使われていましたが今ではきっとあの有名な、病院舞台のドラマの挿入曲としての方が有名ですよね、夫はこれを聞きながらワルシャワに行くと言っておりました...
今年東京にドレスデンがこの演目をさげてくるようですがあの高額なチケットの購入は我が家では無理でしょう、お勧めのDVDありましたら教えてください。

Posted by: 小百合 | April 07, 2007 05:29 AM

小百合様、日本からのアクセスありがとうございます。
「タンホイザー」は今まで3回見ましたが、有名な序曲のモティーフが全編を通じて現れる上にストーリーも分かり易いので本当にお奨めですよ。

DVDは日本ではあまり種類が出ていないようですね。オラニエ公の持っているメータ指揮バイエルン州立歌劇場のは結構行けます。輸入版であるかどうか調べてみてください。

また日本で面白い話があったら教えてくださいね。

Posted by: オラニエ公 | April 09, 2007 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネーデルランド・オペラの「タンホイザー」:

« 復活目指すサンクトペテルブルク・フィル | Main | 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 »