« 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 | Main | イースターのマタイ受難曲 »

March 31, 2007

お見送り

ここの所色々とバタバタしてしまい、ブログをアップする時間というか余裕が無くなってしまった。
そうした中ここ1年弱の間親しく近所付き合いを楽しませて頂いた「ろびー&小百合夫妻」が、日本に本帰国してしまったのはオラニエ公&夫人としては大きなショックであった。

週末ともあればろびー家や我が家で他のお友達とともにワイワイガヤガヤと盛り上り、帰宅時間が翌日になることもしばしば。何よりもワインに造詣の深いこの二人のお陰で我が家はフランス料理やワイン文化への関心の刺激を受けて、現地視察を含む勉強を楽しむことができた。オラニエ夫人はお酒を飲む機会に恵まれて幸せそうだったし、オラニエ公も人生最大量のワインを楽しんだ。一緒にベルリンに旅行に行ったこともあった。本当に色々と楽しい思い出をありがとう。

スキポール空港でのお見送りというのは久しぶりだったが、Hall3は帰国のお見送りの日本人でごった返していた。出張や一時帰国、お迎えにお見送り、一体この空港には何回来るとオラニエ公の駐在生活も終わるのだろうか、とふと考える。海外駐在という特殊な環境の中でのお付き合いというのは同じ釜の飯を食べたような親近感を感じるものである。短い間ながらも色々と他の会社の方々とも交流を深めることができるのはとても貴重な経験である。オラニエ夫人にも感謝。

「ろびー&小百合夫妻」は他の見送り組に大きく引き離すこと約40分、ワインの香りと共に空港に到着。ろびーは自分の名前を刻んだオレンジ色のオランダサッカー・ナショナルユニフォームを着て登場。最後まで楽しませてもらった。それからもみんなで話は尽きず、パスポートコントロールを通ったのは出発20分前位だったろうか。

これからも良き友人であり続けたいと思いながら、ちょっとつらいお別れをしたオラニエ公&夫人であった。

Cimg1420

|

« 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 | Main | イースターのマタイ受難曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80050/14617565

Listed below are links to weblogs that reference お見送り:

« 「オーケストラの職人たち」岩城宏之著 | Main | イースターのマタイ受難曲 »