« お見送り | Main | エンジェル人形 »

April 06, 2007

イースターのマタイ受難曲

今年もまた春の訪れを告げるイースターの季節がやってきた。イースターの音楽といえば「マタイ受難曲」。ここに来てから毎年聞きに行っているので、最も多く生演奏を聞いた曲である。今年はコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏をチケットを購入するも、オラニエ公は手違いで実際には行くことができなかった(夫人のみ鑑賞)。そこでどこかでリターン・マッチをということでウェブサイトを探した結果、お隣の国ドイツはエッセンのフィルハーモニー・ホールまで足を伸ばすことにした。

エッセンといえば昨年の12月に「トリスタンとイゾルデ」を日帰りで見に行ったことがある。片道約2時間のドライブだが、マタイ受難曲をネイティブのドイツ語で聞けると思えば苦にはならない。オラニエ夫人には翌日のデュッセルドルフでのお買い物というオプショナルツアー付きだ。

エッセンはかつて鉄鋼業で栄えた街で、会場のホールも鉄鋼王アルフレート・クルップの名前を冠に付けている。でもホール自体には鉄のイメージは全く無く、オペラ座のバルコニー席を連想させる構造の明るい綺麗なところである。

日時: 2007年 4月 6日(金) 19:00~22:10
曲目: バッハ :マタイ受難曲 BWV244
独唱: Topi Lehtipuu (Evangelist), Andreas Wolf (Christus), Letizia Scherrer (Soprano),
Marianne Beate Kielland (Mezzo Soprano), Maximilian Schmitt(Tenor) Thomas E. Bauer (Bass)
合唱:RIAS Kammerchor
指揮:Hans-Christoph Rademann
演奏:ベルリン古楽アカデミー(Akademie für Alte Musik Berlin)
場所:Philharmonie Essen

マタイ受難曲には大きく分けてオーケストラによる大規模のものと、オリジナルの教会での演奏用の小規模のものとがある。今日のベルリン古楽アカデミーは後者のもので、フルートも木製でオーボエやファゴットも昔ながらの楽器を使っている。
こうした昔ながらの響きを耳にすると、バッハという人は今から250年以上も前によくもこれだけ完成された音楽を創り出したものだと改めて感心させられる。演奏時間が3時間にも及ぶにもかかわらず、多彩な美しいメロディを持つ曲が次々と繰り出されて飽きることは無い。アリアやコラールのメロディーで、天にも昇るような気持ちにさせられるというのは本当に心地良い。

ヴィオラ・ダ・ガンバやオーボエ・ダ・カッチャといった珍しい楽器も楽しむことができ、年中行事の「イースターのマタイ」を今年も欠かすことなく聴くことができて満足のオラニエ公であった。


001

|

« お見送り | Main | エンジェル人形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イースターのマタイ受難曲:

« お見送り | Main | エンジェル人形 »