« April 2007 | Main

June 23, 2007

オランダを去る日

オラニエ公もここ数年住み慣れたオランダから去る日がいよいよ近付いて来たようだ。
所詮は駐在員の仮住まいとはいえ、色々と苦労しながらも生活を楽しんだこの国から出て行くのはやはり寂しいものである。

オランダ最後の思い出作りということで、この国のミニチュアが楽しめるマドゥローダム(Madurodam)という所に行くことにする。ここは古くから有名で、オラニエ夫人も小さい頃に見た図鑑に載っていたという。今までなかなか行く機会が無かったが、最後だからということで、気まぐれな雨空の下デン・ハーグまでレンタカーを走らせて到着。

そこに現れたのはまさに抱いていたイメージそのもの。写真を見ても分かるように、オランダの町並みや建物、風車等が全て一定のサイズ(25分の1)に縮小されて並んでいる。うーむ、確かにあの図鑑のイメージと全く同じであると感動。

Picture_073

電車、車や船も動いていてなかなか精巧である。スキポール空港にはKLM機が動いているなと思って更によーく見ると、有名な銀行のビル、運送会社のトラック、様々な看板など、スポンサー会社のものがかなり多くを占めていることを発見。さすがは商業国オランダと思っていたら、曇り空から雨がポツポツと降り始めた。幸か不幸かこの気まぐれなDutch Weatherとももうすぐお別れである。

「オラニエ公のつぶやき」もこれにて「お開き」ということになると思うが、これまで長い間オランダでお世話になった方々、それからこのブログをご愛読頂いた皆様に、夫人と共に御礼を申し上げたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main