October 27, 2006

やったぜファイターズ、日本一!

昨日は「石」からの解放と合わせて、オラニエ公の応援する北海道日本ハム・ファイターズが44年ぶりの日本一の栄冠を勝ち取るという、これもまた嬉しい出来事があった。思えば「石」が痛み始めたのがソフトバンクとのプレーオフ第1戦(10/11)の日で、日本シリーズの最終日まさに優勝とほぼ同じタイミングでこの「石」は排出された。これも何かの縁というか偶然なのだろうか。図らずも別の産みの苦しみを同時に味わうことになったので、喜びもひとしおである。

ファイターズのここまでを振り返ってみると、まずパ・リーグ最終戦で西武を上回ってシーズン第1位になったことが大きい。またプレーオフで相性の良いソフトバンクが相手だったのはラッキーだったと思う。もし西武が勝ち上がってきたら果たして結果はどうなっていたか分からない。日本シリーズでは想像するに中日が攻守にミスを連発して、自分の野球を見失ってしまった感がある。それだけファイターズが強くなって、札幌ドームのファンが強い後押しをしたのだろう。

それにしても長年応援してきたあの弱い(?)チームは一体どこに行ってしまったのだろう。我が家には日本語の衛星放送も入らないので、彼らのプレーする姿はもう何年もTVを通じてすら見たことが無い。だからまだあの東京ドームでのオレンジ色のユニフォームが思い出される。その頃からずっと頑張ってきた田中幸雄を初めとするベテラン選手に、特に大きな拍手を送りたい。

この日本一はそれこそ何十年に一度の快挙なので、早速「優勝記念DVD」の類をWeb上で探して購入することにした。それを見れば「札幌ドーム独特の雰囲気」なんていうのも分かるかもしれない。日本にいたら出来れば試合も見に行きたいが、その時にはまた昔のBクラスのチームに戻っていたりして。でもそれはそれで許せてしまうと思う。ずっと昔からのファンであることに変わりはないし、何しろ今年はパ・リーグ制覇&日本一になったのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

September 27, 2006

祝1位通過・北海道日本ハムファイターズ

いやあ、長年待っていると偶には本当に良いことが起こるんですねえ。というのはオラニエ公が30年以上も応援し続けていた日本ハムファイターズが、パシフィック・リーグの一位でシーズンを終了したんですよ。まだプレーオフが残っているのですが、前回の優勝が1981年だったので、それから数えるともう25年も経っているのですね。楽天を除けば12球団で一番リーグ制覇から遠のいているらしいです。今年も数日前にエース金村の首脳批判騒動があった時にはもうこれで終わったと観念したのですが、却ってそれをバネに最終二連戦でソフトバンクのエース級を打ち破って連勝したのですから大したものです(ひとつでも負けていれば2位)。

昔は東映フライヤーズ、さらに日拓ホーム、日本ハムを経て今は北海道のチームになっているんですが、なかなか一度応援の始めたチームというのはいくら弱くても変えられないものです。性格的にマイナー(音楽でいうと短調のこと)なものに興味を持ちやすいんで、「巨人-大鵬-玉子焼き」とは正反対ですね(古い例えでわからない方ごめんなさい)。東京ドームにも足を運びましたよ。ファイターズ歴代の名選手としては、首位打者張本に始まってアンダースローの高橋直樹、新人王投手の木田、勝率100%の間柴、不動のエース西崎など懐かしい名前が浮かんで来ます。こうしたOBの皆さんもきっと嬉しく思っていることでしょう。

これからプレーオフですが、あまり期待すると残念な結果になるのが怖いので、そこそこの期待を持って応援したいと思います。ただしゴルフをしていてもわかるように、勝負の鉄則は「勝てる時を逃すな」ということですので、今年こそがその時なのかもしれません。もうひと頑張りだ、ファイターズ!地球の反対側から応援しているぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (8)

August 13, 2006

KLMオープン・ゴルフ

今日はKLMオープンという男子ゴルフツアーの見学だ。全英や全米オープンがあるように、これは全蘭に相当するオランダでの唯一のヨーロッパ・ツアー公式戦である。ザンドフォールトという北海沿いの街にあるゴルフコースで開催されている。

駐車場代も入れて一人20ユーロというオランダにしてはかなり高めの入場料を払って行くと、そこにはこの国の比較的ハイソというかプチ・リッチ以上の人たちが集まっている、という感じがありありだった。昔の日本がそうだったように、ゴルフはまだお金持ちのスポーツという位置付けなのだろうか。みんな何となく良いものを着ている。協賛各社によるブースにはダイヤモンドを並べた宝石商もいるし、ツアー・スポンサーでもあるローレックスの店の前には人だかりが出来ている。ケータリング業者も普段のダッチのイベントとは違って、作る人や食べる所が上品かな。海外へのゴルフパック旅行をはじめ、ここに集まるオランダの「富裕層」をターゲットにした商戦が繰り広げられていた。よく言えば「質実剛健」、一般には「ケチ」と言われているオランダにもこういう世界もあるのだ。

一方プレイの方は、有力選手を高額賞金のアメリカツアーに持っていかれているので、ヨーロッパ・ツアー公式戦とは言っても知っているような選手はあまりいない。パンフで確認すると優勝賞金266Kユーロ(約4,000万円弱)で賞金総額1.6Mユーロということなので、そこそこのツアーではある。当然のことながら各ホールではティー・ショットやパットの都度、物音ひとつ立てぬようにと緊張感が走る。全盛期を過ぎたとは言えまだ健在なイアン・ウーズナムとコリン・モンゴメリの2人のプレイを見ることが出来て良かった。

帰る間際に練習場に立ち寄ると、明日の最終日に向けて選手達が調整をしている。プロのゴルファーの振りを間近に見ると、本当にスイングは綺麗でしかも面白いようにボールは遠くへ飛んでいく。こんなにゴルフってボールが真っ直ぐ遠くに飛ぶものなんだと何だか納得。オラニエ公には直ぐには真似できないまでも、このイメージを焼き付けて、後日入場料に値するような学習効果(好スコア)が欲しいものである。

Klm_open

| | Comments (0) | TrackBack (0)