December 25, 2006

映画「敬愛なるベートーヴェン」

オラニエ公は年末年始の一時帰国で日本に滞在中である。自由な時間が取れそうなので久しぶりに映画を愉しむことにした。オランダの映画館では「英語セリフ&オランダ語字幕」のため、肝心なところがよく分からずフラストが溜まってしまう。面白そうな映画を探していたところ表題作を発見。年末の「第九シーズン」に合わせて公開というところだろう。

「孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。魂で結ばれたベートーヴェンとアンナの複雑な師弟愛と、迫力の“第九”シーンに注目したい。」という宣伝文句に引かれて新宿の映画館に足を運ぶ。

まず髪を振り乱した肖像画でのイメージしかないベートーヴェンの実像に触れるという意味で面白い。芸術家らしく気難しい気性、甥カールへの溺愛、コピスト(写譜師)を使う作曲の過程などをリアルに感じ取ることが出来る。そして「迫力の“第九”シーン」になるが、これは師弟関係を強める前半のヤマというところ。実は後半の弦楽四重奏曲「大フーガ」作曲の過程の方がこの映画の本題であろう。「Copying Beethoven」という原題が示す通り、アンナは作曲家志望だが楽聖ベートーヴェンのコピー以上にはなれない。「合唱つきの交響曲」を初めとする時代を先取りする創作は、神からの啓示を受けたごく一部の人間以外には不可能であるということ、この辺りの考えは「アマデウス」とダブって見える。邦題はより原題に忠実にした方が分かり易いのではと思った。

またこの映画を「フィクション」として考えれば別だが、実在の人物伝という点から考えるとどうも納得がいかないところが多い。難聴のベートーヴェンは「第九」を書く頃には筆談でしかコミュニケーションできなかったはずだが、映画では巨大な金属製の補聴器を付けて会話をしている。「補聴器を色々試したが、実際にはあまり役に立たなかった。」とウィーンの博物館ででは展示されていた。また「第九」の初演は彼ともう一人の指揮者が並んで指揮をしたと言われているが、映画ではアンナの助けを受けた彼だけが指揮台にいる。そもそも「大フーガ」って聴いたことも無いが、時代のトピックとなるような重要な曲だったのだろうか?

残念ながらこうした違和感は唐突とも思える字幕解説(「大フーガ」の後世への多大な影響とベートーヴェンの死)によるエンディングで更に強まってしまった。前半のヤマ「第九」を超えることは、映画監督がいくら頑張って盛り上げてもやはり「大フーガ」には荷が重かったのだろう。クレジットが終わるまで誰も席を立たなかったのは、みんな「あれ、これで終わりなの?」という感覚を共有していたからではないか。

結局オランダの映画館でのフラストと同じように、何となく中途半端な感覚で映画館を後にした。まあクラシック音楽を題材にした映画と言う意味ではそれなりに楽しめたし、本物の「第九」のコンサートには数日後に行くことにしているので、今日のところはこれで良しとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2006

ドラマ「のだめカンタービレ」

最近音大のオーケストラを舞台にした表題のコメディー・ドラマを見ている。以前からマンガが出ていることは知っていたが、元ブラス・バンドのクラシック・ファンであるオラニエ公としては色々な角度から興味深く見ている。

まずはテーマからBGMまで全てクラシックの名曲が使われているところが嬉しい。ベートーヴェンの「第7」、ラフマニノフのコンチェルト2番など、オラニエ公が好きな曲が多い。またBGMにもチャイコフスキーやプロコフィエフ、シベリウスなどが多用されていて、それがその場の状況にマッチしている。意外とクラシック音楽も「使える」ものだと言うことを再認識した。

俳優さんの演奏シーン(ピアノやバイオリン)も、まさに本当に弾いているように見える。これは結構訓練の要る話だと思うので感心だ。オーケストラもどこまでが俳優さんでどこからが本当の演奏家なのか分からないが、見ていてとても自然に写る。プラハの指揮者ビエラ氏は、チェコ・フィルの主席指揮者ズデネク・マカルが「タマゴッチ!」なんて言って実際に演じているのも面白い。

その一方で不自然な箇所も目に付いてしまう。例えば「Sオケ」の演奏中に楽器を高々と持ち上げたり、一回転させたりするシーンがあるが、あれでは音程が不安定になって余程上手い人でなければ曲が乱れてしまう。また1週間で本番というスケジュールは学生オケにはあり得ないだろう。防音が施してあるはずのホールや練習室から音が外に漏れまくっているし、「手先が命」の演奏家は殴ったり飛んだりとかそういう動きはしないはずだ。怪我をしないか見ているほうがついつい心配になってしまう。まあマンガのドラマ化だからある程度致し方ないが、CGとかもあまり極端にやらなくても良いではと思う。

ストーリーとしては、貧乏学生が出てくる辺りでは??という感じだったが、回を追うにつれて「オレ様」指揮者の苦悩と成長が軸になってきていることが明確になってきた。「のだめ」の秘められた才能が開花するのかも注目だ。まだ第6話までしか見ていないが、年末という事もあってベートーヴェンの「第9」でも登場してくるのかもしれない。
これからも興味深く、楽しく見てみたいと思わせるドラマである。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 15, 2006

ジョージ・クルーニーの国連演説

昨夜CNNを見ていたら国連の安全保障理事会からの生中継に切り替わり、そこで俳優のジョージ・クルーニーがスーダンのダルフール紛争の解決を訴える演説をしていた。どうやら今年の4月に現地を視察するなど、彼はこの紛争に対して積極的に関わって来たらしい。俳優さんなので演技満点で訴えるのかと思っていたら、意外にも原稿用紙の棒読みに近かったのでちょっとがっかり。でもスーツに身を固めての立ち居振る舞いはカッコイイし、今日のネットでもしっかりとニュースになっていた。

オラニエ公的にはジョージ・クルーニーは今でも「ER -緊急救命室」のダグラス・ロス先生のイメージが強い。彼はダルフールを訪問したときに、医療面での危機的な状況の理解に、ERの時の経験が役に立ったのだろうか。言うまでも無いが彼はERスタート時のレギュラー陣の中でダントツの出世頭だ。まあ最初からクビ二つ抜け出ていたような感じはあったが、番組の主役・同僚のグリーン先生(アンソニー・エドワーズ)、あるいはベントン先生(エリック・ラ・サル)と比べてもその後のハリウッドでの活躍度は突出している。やはりあの甘みあるマスクと端正な顔立ち、ちょっとワイルドでかつ優しいところが特に女性ファンに対してイイ感じを醸し出すのだろう。

最近日本から送られてきたビデオで丁度「ER」を見ている。今年で11年目を迎える長寿ドラマだが、ここに来て唯一最初からレギュラー出演してきたカーター先生(ノア・ワイリー)が降板するとの噂もちらほら。やはりこの役以外にも挑戦したいという希望が強いらしい。彼はジョージ・クルーニのようなセクシーな大人というよりは、童顔のまま無精ひげの生えたオジサンのイメージが定着しそうなので、新しい世界にチャレンジするには良いタイミングかもしれない。

「ビバリーヒルズ青春白書(古い!)」を初めとする海外ドラマの主人公達のその後の活躍というのは、オラニエ公として気にあるところである。浮き沈みも激しいこの世界なので、カーター君を含め「ER」メンバーの今後の活躍に注目したい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 04, 2006

世界遺産 フランス縦断の旅

フランス熱がまだ収まらない我が家で、このNHKのシリーズ全8回を見る機会に恵まれた。ちょうどオラニエ公が「フランス東部の旅」(現在旅行記執筆中)に出掛けていた頃に生中継されていたようだ。

フォンテンブロー ~ セーヌ河岸(パリ) ~ プロヴァン ~ ヴェズレイ ~ リヨン ~ オランジュ ~ アヴィニョン ~ マルセイユ、という8ヶ所のうち、プロヴァン、ヴェズレイ とリヨン以外には行ったことがあり、画面を追いながら当時を懐かしく思い出すことが出来る。特に最後の3都市は灼熱の2003年の夏に訪れていたので、35度以上にもなっている暑さがよく実感できた。

その時オランジュでは生まれて初めてのオペラ(ヴェルディの「オテロ」)をローマ古代劇場で見ることが出来た。その日はとにかく暑くて、オラニエ夫人から2リットルの重いエヴィアンのボトルを持たされて観光したのを憶えている。またアヴィニョンでは偶然にも街のど真ん中の広場に面したオペラ歌手の家に滞在した。ここは部屋もロケーションも最高だったが、冷房が無くて夜中に涼しい場所を探してウロウロとさまよった。

当時の写真を見ると、3年前だがオラニエ公は随分と若々しく写っている。今や不惑も超えてしまったせいか、当時の「若手社員風」な面影はない(以前から無いか?)。でもオラニエ夫人の方は今とあまり変わりがあるような無いような......ノーコメント。

「世界遺産 フランス縦断の旅」に話を戻そう。前半はフランス留学経験のあるとかいうタレントが出てきておしゃべりをペチャクチャしていたのがはっきり言って耳障り。かつ生中継が間延びしていたので、かなり早送りしたいモードだった。ここの辺りは最終回の総集編パートを見れば十分だ。でもヴェズレイの教会にドイツ兵が十字架を奉納した話には思わず感動してしまった。オラニエ公の今年の旅行でここに寄らなかったことが悔やまれる。オランジュ以降は構成がシンプルになり、また行ったことのある土地ばかりになったこともあって、3年前の追体験をするように十分楽しめた。

この次の「世界遺産縦断」シリーズはどこであろうか。まずはこのビデオを見る機会に恵まれたことに感謝感謝。

_084

<アヴィニョンの橋>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

デスパレートな妻たち

「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」というテレビ・ドラマがNHK-BS2で始まった。このアメリカ・ドラマは昨年からABC系列で放送されて人気を博し、ここオランダでも毎週オン・エアされている。ブッシュ大統領夫人がインタビューで引用して、「私もデスパレート(絶望的な)主婦のひとりなのよ。」と笑いを取ったことも報道されていた。

リアル・タイムという訳には行かないが、アメリカ・ドラマ好きのオラニエ公も最初の2話を入手して見ることができた。何故このドラマに特に興味を持ったかというと、昔といっても10年ほど前の事だが、その頃流行っていたドラマの出演者がまた出ているからである。10年前には若きヒロイン・ヒーローだった彼等が、今また中年のパパ・ママ役で生き生きと演技している。

役名(今回の役) : 俳優 (以前の役)
ブリー・ヴァン・デ・カンプ(カリスマ主婦) : マーシア・クロス (「メルローズ・プレイス」の女医キンバリー)
スーザン・メイヤー (離婚中の童話作家) : テリー・ハッチャー (「スーパーマン2」のヒロイン)
トム・スカーブ(リネットの夫) : ダグ・サバント (「メルローズ・プレイス」のマット)

彼等は丁度オラニエ公とも同世代で、ちょっと大袈裟だが昔の仲間にまた会えたような気がして何となく嬉しい。自分もまた彼等と同様にこの10年で成長してるのか?というと、これはまた疑問である。それはさて置きコメディーでもありミステリーでもあるストーリーの行方に、これからも目を離すことは難しそうだ。明確なキャラクター設定と次々と展開する軽快なストーリー、これはまさに典型的なアメリカドラマである。今後の彼等の活躍と話の展開に大いに期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2005

Beverly Hills, 90210

第77回アカデミー賞の主演女優賞は、『MILLION DOLLAR BABY(ミリオンダラー・ベイビー)』 に主演したヒラリー・スワンクが受賞、というニュースを見てふとこの名前に覚えがあることに気が付いた。ハリウッド映画のスターは本当に有名な人以外は知らないのだが、何故かこの人は知っていると思って、遠い記憶を呼び覚ましてみた。そうだ彼女は『Beverly Hills, 90210(ビバリーヒルズ青春白書)』のレギュラーとして一時出演していた人だ。ネットでチェックしたところ、シングルマザー役でスティーブの相手役(カーリー・レイノルズ)として1997-98年に出ていたことが確認できた。

『Beverly Hills, 90210(ビバリーヒルズ高校白書・青春白書)』には相当ハマった時期があった。出演者の年齢設定は約10年位彼等が若かったけれども、アメリカの文化・社会の勉強にもなったし、日本のドラマには無い明快かつ素早いストーリー展開も魅力的だった(特に初期のシリーズ)。当時流行っていたパソコン通信を通じての「オフ会」も企画し、このドラマをテーマにしたホームページにもあらすじを投稿していた位だ。それから10年近くが過ぎて、当時はチョイ役のレギュラーだった彼女がオスカーを獲得し(しかも2回目!)、ハリウッドの頂点にまさに立っている。その一方で本当のレギュラーたち(シャナン・ドハーティ=ブレンダ役、ジェニー・ガース=ケリー役など)は、そこそこは芸能活動は続けているものの、それ程目立った活躍はしてい。メディアへの露出度は当時が最高だったと思う。とすると収入も当時がピーク?で、ビバリーヒルズの豪邸を維持するのが大変だったりして?なんて心配してしまった。まさに浮沈の激しい人気商売は大変なストレスを与えそうで、そうすると某人気歌手のように虐待疑惑の裁判で紙面をにぎわしたりしてしまうのかもしれない。

まあオラニエ夫人との出会いのきっかけにもなった、思い出深き『Bevely Hills 90210(ビバリーヒルズ青春白書)』から大スターが生まれたことを素直に喜びたい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 27, 2005

映画でのクラシック音楽の「無断引用(?)」

先日のブログにも記したが、映画「トロイ(2004年・米)」を見て一点気になったことがあった。それはその中で流れていた曲があるクラシック音楽から引用してきたとしか思えないのである。戦闘のシーンなどで流れていた音楽の一フレーズは、20世紀ソ連の作曲家ショスタコーヴィチの有名な交響曲第5番ニ短調Op.47「革命」の第一楽章とほとんど同じである。これに気が付いた人は果たしてどれ位いるのだろうか。

これで思い出したのがやはり映画の名作「ライトスタッフ(1983年・米)」のテーマ音楽である。これは一フレーズに限らずメインテーマ自体が、チャイコフスキー作曲バイオリン協奏曲ニ長調Op.35の第一楽章をもとに作ったとしか思えない程似ている。映画では丁度「第一主題の変奏曲、しかもコーダ」然として壮大に盛り上げてくれる。この類似性に気が付いている人は多いが、テロップには無いも出ないようなので、公式にはこの映画の音楽担当が作曲したことになるのだろう。いやこの音楽担当者はチャイコフスキーのあの美しいフレーズを念頭にして作曲したに違いない(確信犯か?)。映画の内容は米ソ冷戦時代の宇宙開発競争を生きた、優れた資質「Right Stuff」を持つアメリカの男達のヒューマンドラマだが、そのテーマが敵国に関係あるロシアの主題をモチーフにしていると言うのは面白い。でもこの曲はサウンドトラックあるいはDVDでも買ってもう一度聞きたいくらい良く出来た曲であることは確かだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 22, 2005

映画「トロイ」

タイトルの映画をビデオ(日本語字幕)で見た。

これは約3000年前にギリシャとトロイとの間に起こったトロイ戦争を題材にした映画。紀元前の史実をベースにした映画としては最近公開された「アレキサンダー」もそうだが、この「アレクサンダー」はかなり史実にかなり忠実なようである。一方「トロイ」は更に時代が数百年以上も遡って史実がハッキリせず、ホメロスの叙事詩「イーリアス」がその原典になっているので、かなり「融通が効く」ということが理解できた。つまりこの映画では今まで聞いていた話とは違う展開がアリアリなのである。

例えばオラニエ公の記憶では、というか「イーリアス」の物語では戦いは10年単位で続いたとされている。難攻不落の要塞がようやく木馬のトリックで陥落したはずである。ところがこの現代版「トロイ戦争」はわずか半月ぐらいで決着が付いている。しかもそのうちの12日間は服喪による休戦期間だ。

アガメムノン、メネラオスの兄弟の話も違っている。まず弟のメネラオスはヘクトルの手に掛かって死ぬと言う話は聞いたことが無い。また兄アガメムノンはトロイ征服の凱旋帰国を果たするものの、留守中に密通をしていた王妃の相手によって殺されるはずなので、トロイの神殿であえなく死ぬというのも初めての話だった。

つまりこの映画は「愛のための戦い」あるいは「戦士としての名誉と誇り」といった現代にも通じるヒューマンなテーマを歴史物語の中に訴えるもので、その題材としてトロイ戦争、演技者としてブラッド・ピットを主役に持ってきたということである。当たり前と言えばそれまでだが、史実を追いかけながら見ていると途中で「あれ?」ということになるのでご用心。

アキレス役のブラッド・ピットよりも、トロイの王子へクトル役の人(エリック・バナ)の方が、より名誉を重んじるギリシャ戦士として好演していた。「木馬」のところ以降が意外とあっさり進んでしまったが、2時間40分を越える大作としては前の日に見た「JFK」よりも見ごたえがあって印象に強く残った。

ロケ地として昨年の夏に旅行したマルタ島が使われていたようだが、どこがそうだかはハッキリとは分からなかった。確かにあの島には石造りの要塞や建物が沢山あったので、地中海性の気候といいトロイのロケには適していたのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

映画「JFK」

ケネディはなぜ暗殺されたか」を読み終えたので、それと非常に関わりのあるこの有名なオリヴァー・ストーンの映画をビデオで見てみた。

まずとにかく長い映画である。188分ということは3時間以上も掛かる訳である。前半部分は色々と細かい歴史的事実が次々と出てくるので、勉強不足の人には辛いところである。オラニエ公も睡魔に襲われたが、辛うじて関連本を読んでいたので追いつくことが出来た。

後半の起訴から裁判への展開になってようやくストーリーが盛り上がってきた感じだ。クレイ・ショーなる人物を謀略の一味として起訴しようとしたのだが、この名前は読んだ本には出て来ていない。一体何者なのだろうか。暗殺の実写シーンや「疑惑の銃弾」の説明で、公式な調査(ウォーレン委員会)によるオズワルド単独犯行説を覆すところは見応えがあった。しかし裁判と言う観点からは状況証拠を並べているだけで迫力が無い。と思っていたら、案の定陪審員は無罪の評決を下して映画は終わった。

ジム・ギャリソン検事としては「失敗」した訳だが、この映画の真意は裁判に勝つことではない。オリバー・ストーンはギャリソン検事の口を借りて、アメリカ社会の暗部に潜んだ恥ずべき問題を明らかにしたかったのだと思う。その意を受けたケビン・コスナーの陪審員を前にした熱弁は、まさに迫真の演技であった。

マフィアの加担を余り強調しなかったのは、やはり監督が自分の身の不安を感じての事か?FBI、CIAと軍産複合体の狂信がマフィアや警察等をも巻き込んだ共同謀議(Conspiracy)が、この「クーデター」を成功させたと言う。本当のことは2039年に機密書類が公開されても闇の中のままかもしれない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

「ドレミの歌」 サウンド・オブ・ミュージック

オラニエ夫人が買ってきた「サウンド・オブ・ミュージック」のDVD(英語版:英語字幕)を見た。何回見ても心温まるストーリーで、歌もそれぞれに印象深い。やはりその中ではみんなで歌う「ドレミの歌」が一番のお気に入りだ。

この原曲と日本語訳を比べてみるのも面白い。

<原曲と直訳>
Do= "Doe", a deer, a female deer 「ドゥ」は雌鹿
Re= "Ray", a drop of golden sun 「レィ」は黄金の太陽の光
Mi= "Me", a name I call myself 「ミ」は自分の呼び名
Fa= "Far", a long long way to run 「ファ」は走る長い道のり
So= "Sew", a needle pulling thread 「ソォ」は糸を針で引くこと
La= "La", a note to follow sew 「ラ」はソの次の音
Ci= "Tea", a drink with jam and bread 「ティ」はジャムとパンと一緒に飲むもの
That will bring us back to doe そしてまた「ドゥ」に戻る

<解説>
「ドゥ」はDeerのDではなくDoeという単語がある。
「レィ」はX-Rayつまりエックス線のRayのこと。
「ラ」には適当な言葉がなかったのでしょう。そこでしょうがなく「ソ」の次の音よ、って感じでマリアは歌っている。
「シ」は何故か「ティ」と発音されている。

日本語訳は何とペギー葉山さんが作詞されたそうである。オラニエ夫人がアメリカ人の友人に「ドーナッツ」だの「レモン」と説明したら大うけしたとのこと。

「Re」は「R」で始まるのに「レモン」、つまり「L」から始まっている。さすが日本式英語。
「Fa」の「Fight」って掛け声だが、「戦い!」とも響く、こんなこと欧米人が言うのか?
「La」のラッパはフランス語の「Rappel」がなまったそうなので、こちらも「R」と「L」が逆である。
更には「どんなときにも、列を組んで...」という2番の歌詞は完全に日本語オリジナル。サウンド・オブ・ミュージックでは同じ歌詞を繰り返している。

元々即興で歌ったもののせいか、原曲にも日本語訳にも特に一貫性がないのが特徴と言える。まあみんなで歌って楽しめればそれで良い訳である。さあ歌ってみよう。。。

去年この映画の舞台ザルツブルクに行ったときのザルツブルグの写真を添付しておく。映画とは違ってどんよりとした天気だった。
_032

| | Comments (1) | TrackBack (2)