November 18, 2006

「オペラ座の怪人」 in ロンドン

ロンドンへの小旅行。イベント「その2」は本場ロンドンのミュージカル鑑賞である。ブロード・ウェイと双璧とも言われるここロンドンのウェスト・エンド。今日もまたミュージカル見学の大勢の観光客で賑わいを見せている。普段羊や牛を沢山見掛ける生活に慣れてしまうと、こうした都会的な状況の中にいるだけで疲れてしまいそう。それだけ人も集まればレベルの高い文化が栄えるのは古からの慣わしで、ここからは「ミュージカル」という強力な文化が発信されているのである。

しかし考えてみるとクラシック音楽についてはロンドンという地はインパクトが弱い。作曲家もドイツ出身のヘンデル、「威風堂々」で有名なエルガー、学校の音楽の時間に聞いた「青少年のための管弦楽入門」のブリテンあたりがイングランド代表と呼べそうだが、ドイツやオーストリア、フランスに比べてかなり見劣りする。オーケストラも然りで同じ「首都のフィルハーモニー」でも、ロンドン・フィルとベルリン・フィルやウィーン・フィルでは大きな違いがある。やはりアメリカに近いので、より大衆に訴える文化(例えば映画、ポップス、ミュージカル等)の方が向いているのであろうか。

そんな長い前置きはさておき、やって来ましたその名は「Her Majesty Theatre」。今日のというかここの演目はあの有名な「Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)」。オラニエ夫人の強力な薦めで何とか確保した2枚のチケットを握り締めて開演45分前には到着。カクテルなんぞを口にしていざ開演。座席は前から2列目と迫力も期待できそうだ。

ミュージカルは初心者のオラニエ公。いきなり迫力溢れるメイン・テーマと共に目の前をシャンデリアがせり上がって行ってビックリ。歌での進行やオーケストラの生演奏はオペラと同じだが、マイクも使う上に曲もより感情的でムーディである。劇中劇でオペラやバレエが演じられていたこともあって、少々頭の中は混乱気味。だが速いストーリー展開の中で、ファントム役の甘いテノールの声が切ない感情をよく表現し、名曲と呼ばれる聞かせどころのアリアも入る頃には、他のことをすべて忘れてこの世界に引き込まれている自分を発見。オラニエ夫人が強く薦めただけのことはある。

キャスティングで面白かったのはラウル子爵というヒロインの恋人役。「私は白馬の王子」と顔に書いてあるような、い・か・に・もという役者さん。ちょっと頼りなげな感じがまた何とも言えない。また劇中オペラのプリ・マドンナ役(カルロッタ)の人は一昔前のオペラ歌手のような貫禄の体型で、歌部門では他を圧倒。そのせいかヒロイン役は今ひとつ線が細く感じられてしまった。

ストーリーは事前にネットで検索して読んでおいたので大体分かったが、やはり英語がしっかり聞き取れればもっと感動できたのだろう。特に「怪人」がかなり「ストーカー」のように感じられてしまったのはそのせいに違いない。こうなったら年末にでも日本公演でももう一度見て確認をしたいと思った、ロンドンでのミュージカル体験であった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

「ドレミの歌」 サウンド・オブ・ミュージック

オラニエ夫人が買ってきた「サウンド・オブ・ミュージック」のDVD(英語版:英語字幕)を見た。何回見ても心温まるストーリーで、歌もそれぞれに印象深い。やはりその中ではみんなで歌う「ドレミの歌」が一番のお気に入りだ。

この原曲と日本語訳を比べてみるのも面白い。

<原曲と直訳>
Do= "Doe", a deer, a female deer 「ドゥ」は雌鹿
Re= "Ray", a drop of golden sun 「レィ」は黄金の太陽の光
Mi= "Me", a name I call myself 「ミ」は自分の呼び名
Fa= "Far", a long long way to run 「ファ」は走る長い道のり
So= "Sew", a needle pulling thread 「ソォ」は糸を針で引くこと
La= "La", a note to follow sew 「ラ」はソの次の音
Ci= "Tea", a drink with jam and bread 「ティ」はジャムとパンと一緒に飲むもの
That will bring us back to doe そしてまた「ドゥ」に戻る

<解説>
「ドゥ」はDeerのDではなくDoeという単語がある。
「レィ」はX-Rayつまりエックス線のRayのこと。
「ラ」には適当な言葉がなかったのでしょう。そこでしょうがなく「ソ」の次の音よ、って感じでマリアは歌っている。
「シ」は何故か「ティ」と発音されている。

日本語訳は何とペギー葉山さんが作詞されたそうである。オラニエ夫人がアメリカ人の友人に「ドーナッツ」だの「レモン」と説明したら大うけしたとのこと。

「Re」は「R」で始まるのに「レモン」、つまり「L」から始まっている。さすが日本式英語。
「Fa」の「Fight」って掛け声だが、「戦い!」とも響く、こんなこと欧米人が言うのか?
「La」のラッパはフランス語の「Rappel」がなまったそうなので、こちらも「R」と「L」が逆である。
更には「どんなときにも、列を組んで...」という2番の歌詞は完全に日本語オリジナル。サウンド・オブ・ミュージックでは同じ歌詞を繰り返している。

元々即興で歌ったもののせいか、原曲にも日本語訳にも特に一貫性がないのが特徴と言える。まあみんなで歌って楽しめればそれで良い訳である。さあ歌ってみよう。。。

去年この映画の舞台ザルツブルクに行ったときのザルツブルグの写真を添付しておく。映画とは違ってどんよりとした天気だった。
_032

| | Comments (1) | TrackBack (2)

February 05, 2005

クラリネットを吹く

オラニエ公は高校・大学と吹奏楽の団体に入ってクラリネットを吹いていた。社会人になってからは結婚式の2次会バンドぐらいしか演奏の機会も無く、それも10年近く前に終了。ここオランダに来るときに、ひょっとしたら現地のバンドに入るかも、なんて思って持ってきたのだが、一度も吹かないまま数年間放置されていた。

先日ドイツの街アーヘンを訪れた際に大きな楽器屋を発見して、そこでふとクラリネットのことを思い出した。そうか久し振りに吹いてみるか。ただそのために必要なリード(クラリネットの音を出す葦の薄い板状のもの)がいるので、店員さんに聞いてみた。

オラニエ公:「リードはありますか?」
店員さん :「あるけれども、ドイツ式あるいはボエム式?」
オラニエ公:「ボエム式。」
店員さん :「メーカーはどこのが良いの?」
オラニエ公:「バンドレン(メーカー名)はありますか?」
店員さん :「ありますよ。」

店員さんは年配の女性でもちろんドイツ語しか喋らなかったが、会話が何とか成り立った。聞かれて思い出したが、クラリネットにはアルバート式(ドイツ)とボエム式(フランス)があって、キーの配列が全く違う。それからリードメーカー名もバンドレンというところが有名だったが、今でも健在らしい。久々にこんな会話が出来て、元ブラバンとしてなんだかとても嬉しくなった。

家に帰ってから一度吹こうと思い、5年ぶりぐらいにクラリネットのケースを開けた。しかしこの愛器は可愛そうなことにキーは一回押さえると元に戻らない、ジョイント部分の金属製のリングは接着剤が乾き切って全て外れてしまうなどの惨状だった。学生の頃に25万円も出して買ったビュッフェ・クランポンなのにこれではあまりに可愛そう。一応音は出るが、今度一度オーバーホールに出してみよう。そうすればもっとやる気が出て、家でも吹く機会も増えるだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)