June 23, 2007

オランダを去る日

オラニエ公もここ数年住み慣れたオランダから去る日がいよいよ近付いて来たようだ。
所詮は駐在員の仮住まいとはいえ、色々と苦労しながらも生活を楽しんだこの国から出て行くのはやはり寂しいものである。

オランダ最後の思い出作りということで、この国のミニチュアが楽しめるマドゥローダム(Madurodam)という所に行くことにする。ここは古くから有名で、オラニエ夫人も小さい頃に見た図鑑に載っていたという。今までなかなか行く機会が無かったが、最後だからということで、気まぐれな雨空の下デン・ハーグまでレンタカーを走らせて到着。

そこに現れたのはまさに抱いていたイメージそのもの。写真を見ても分かるように、オランダの町並みや建物、風車等が全て一定のサイズ(25分の1)に縮小されて並んでいる。うーむ、確かにあの図鑑のイメージと全く同じであると感動。

Picture_073

電車、車や船も動いていてなかなか精巧である。スキポール空港にはKLM機が動いているなと思って更によーく見ると、有名な銀行のビル、運送会社のトラック、様々な看板など、スポンサー会社のものがかなり多くを占めていることを発見。さすがは商業国オランダと思っていたら、曇り空から雨がポツポツと降り始めた。幸か不幸かこの気まぐれなDutch Weatherとももうすぐお別れである。

「オラニエ公のつぶやき」もこれにて「お開き」ということになると思うが、これまで長い間オランダでお世話になった方々、それからこのブログをご愛読頂いた皆様に、夫人と共に御礼を申し上げたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2007

エンジェル人形

036_1
イースターの季節になると必ず現れるのが「イースター・バーニー」と「イースター・エッグ」、つまりウサギと卵である。街中のあちこちにデコレーションが施される。例えばスキポール空港にはこんなに巨大なウサギが現れた。


マタイ受難曲を聴きに訪れたエッセンの街でも、お店のウインドウをはじめ色々なところにウサギや卵が飾られている。メインの通りにはドイツお得意のハンドクラフトのお店やソーセージサンドなどのお店が並んでいた。そこでオラニエ夫人が見つけたのが、ヴェント&キューン社(Wendt & Kühn)のエンジェル人形。旧東ドイツのドレスデンの近くにある村で手造りされているそうだ。特に小さな天使が楽器を演奏するスタイルのものはとても可愛くて、先日帰国された小百合さんは大ファンで沢山集めてオーケストラを編成したとのこと。去年の暮れに我が家は「クラリネット吹き」を頂戴していた。

このマーケットでオラニエ夫人が見つけたのは何と「ピアニカ吹き」。「のだめカンタービレ」で有名になった着ぐるみのマングースが吹いていた楽器で、夫人はそれを見て以来自分がピアニカを吹くマングースになった気分でいるようだ。
その時車で待っていたオラニエ公に「のだめ発見!」との一報を入れるや否や即購入。大いに満足して家に持ち帰り、早速「クラリネット吹き」の隣に置いて二重奏の始まり。なかなか可愛いものだ。

002


我が家のオーケストラが揃う日はいつか?!オラニエ夫人のお楽しみはまだまだ続きそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2007

お見送り

ここの所色々とバタバタしてしまい、ブログをアップする時間というか余裕が無くなってしまった。
そうした中ここ1年弱の間親しく近所付き合いを楽しませて頂いた「ろびー&小百合夫妻」が、日本に本帰国してしまったのはオラニエ公&夫人としては大きなショックであった。

週末ともあればろびー家や我が家で他のお友達とともにワイワイガヤガヤと盛り上り、帰宅時間が翌日になることもしばしば。何よりもワインに造詣の深いこの二人のお陰で我が家はフランス料理やワイン文化への関心の刺激を受けて、現地視察を含む勉強を楽しむことができた。オラニエ夫人はお酒を飲む機会に恵まれて幸せそうだったし、オラニエ公も人生最大量のワインを楽しんだ。一緒にベルリンに旅行に行ったこともあった。本当に色々と楽しい思い出をありがとう。

スキポール空港でのお見送りというのは久しぶりだったが、Hall3は帰国のお見送りの日本人でごった返していた。出張や一時帰国、お迎えにお見送り、一体この空港には何回来るとオラニエ公の駐在生活も終わるのだろうか、とふと考える。海外駐在という特殊な環境の中でのお付き合いというのは同じ釜の飯を食べたような親近感を感じるものである。短い間ながらも色々と他の会社の方々とも交流を深めることができるのはとても貴重な経験である。オラニエ夫人にも感謝。

「ろびー&小百合夫妻」は他の見送り組に大きく引き離すこと約40分、ワインの香りと共に空港に到着。ろびーは自分の名前を刻んだオレンジ色のオランダサッカー・ナショナルユニフォームを着て登場。最後まで楽しませてもらった。それからもみんなで話は尽きず、パスポートコントロールを通ったのは出発20分前位だったろうか。

これからも良き友人であり続けたいと思いながら、ちょっとつらいお別れをしたオラニエ公&夫人であった。

Cimg1420

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2006

クリスマス・マルクト in エッセン

オラニエ夫人は大のクリスマス・マルクト好き。いつもこの時期になるとドイツのどこかの街に出かけようということになる。今年は評判の高いシュトゥットガルトに電車行こうとしたが、予想以上に時間とお金が掛ることであっさりと断念。その代わりここからの比較的近場のエッセン(Essen)に行くことにした。デュッセルドルフよりも近いのだが、途中渋滞にはまって所要約3時間で到着。

この街のマルクトは"Internationale"という名前が付いた大きいもので、中央駅前から中心の広場まで何箇所かに分かれてマーケットがあるようだ。
まずは腹ごしらえにドイツならではのソーセージ・サンドと、ザワークラフトのマッシュルームと豚肉の煮込みを屋台のひとつで注文。特にこのザワークラフトの煮込みはいける。寒い国だけあって塩味たっぷりの味わいが特徴的だ。

Dsc02408
<サンドウィッチと煮込み>



ふと気がつくとオラニエ夫人は屋台の目の前の大型デパート「K」に吸い込まれて行った。お目当ては地下のスーパーマーケットで、オランダでは見られない豊富な品揃えの中での買い物をお楽しみか。一時帰国のお土産をゲットして満足のようだ。「金曜日は22時まで営業」なんて書いてあったが、ここ数年でドイツの店の営業時間は格段に伸びたような気がする。この辺はオランダも少しは見習って欲しいものだ。

夕方になると電車から吐き出される人たちが加わって、マルクト周辺の目抜き通りは歩行者天国のラッシュアワー状態だ。メイン会場のKenndedy Platzにようやくたどり着くと、早速オラニエ夫人は好物の「焼き栗」3ユーロ分を購入。買うときに思わず「ドゥリー・ユーロ」とオランダ語で話してキョトンとされる。おいおいここはドイツでオランダ語は使わないほうが身のためだぞ。

しかし肝心のショッピングではお目当ての木製のクリスマス人形を扱っている店が思ったより少なくて、これが欲しいというものには残念ながらめぐり会えず。やはり昨年のベルリンやその前に行ったウィーンの方が大都会でもあったせいか質・量共に品揃えが充実していた。でも折角ここまで着たので、グリュー・ワイン(ホット・ワイン)片手にチュロス(棒状の揚げ菓子)を頬張ってドイツのクリスマス気分に浸ることができた。

Dsc02417
<湯気の立つグリューワイン>



それも束の間、今夜はこの街の劇場でワーグナーのオペラ「トリスタンとイゾルデ」を見ることになっている。ワインを飲み過ぎると途中で眠ってしまいそうである。すっかり日も落ちて開演時間も間近になって来たので、足早にマルクト会場を後にした。

Dsc02424
<中央駅前のイルミネーション>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

ロンドン「パブめし」

3日間のロンドン旅行の中で改めて注目したのが、イギリスの「パブめし(=パブでの食事)」である。日本ではパブとは夜お酒を飲むところであるが、ここでのパブは昼間から開いているし、結構な食事のメニューもある。大陸では「カフェ」あるいは「ブラッセリー」と呼ばれる部類の飲食店が、イギリスでは「パブ」に当たるのだと思う。短い時間で軽く食事をしたい、だけどファースト・フードはイヤという場合に丁度良い。

初日のお昼に行ったのはピカデリー・サーカスからも程近いソーホーの一角にあるアイリッシュ・パブ "Waxy O'Connor"。入口を入ると正装した英国紳士たちが立ち飲みビールでおしゃべりをしていたが、そこを抜けると暗い室内の階段が続き、三々五々テーブルを囲んで食事も出来るようになっている。地下の大きなカウンターには幾つもビール・サーバーが並び、どこかのテーブルからはほろ酔い気分の若者たちの歌というか騒ぎが聞こえてきて雰囲気は満点。席を探して着きメニューを見ていると程なくウェイターがやって来て「申し訳ありません。オーダーはカウンターでお願いします。食事は後でお持ちしますから。」と本当に申し訳なさそうに説明をしてくれた。さすがは英国(?)、店でのこんな丁寧な対応は久しぶりのような気がする。このパブはシーフードもお勧めとあって「生牡蠣・ハーフダース」を二人でシェア。オラニエ公は久しぶりに「フィッシュアンドチップス」、オラニエ夫人はと「クラムチャウダー」そしてGINESSビールのハーフパイントをオーダー。

英国パブのひとつのポイントはこのオーダーの方法である。カウンターに行って注文をしてお金も支払い、まず飲み物だけは自分で席に持ち帰る。食事は後で店の人が持ってくる。少なくとも飲み物はすぐ飲めるし、店を出る前の支払いに時間が掛かるというヨーロッパ大陸のカフェでの煩わしさもない。二日目のカンタベリーで行ったところも仕組みは同じで、共に料理も比較的早く出て来て、これもアングロ=サクソンの合理性かと感じ入る。大陸のカフェで1時間かかるランチが、イギリスのパブめしだと45分位で終わるようなイメージか。なかなかテキパキとした動きがストレスを感じさせない。特にお昼時には食の文化に触れると言う意味でも、そこそこの味が楽しめる「パブめし」がお勧めである。


_005 <パブ・カウンター>
_008 <生牡蠣>
_009 <フィッシュ&チップス>

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 26, 2006

「石」からの解放

ここ2週間ほど悩まされてきた「石」からようやく解放された。今日のお昼過ぎに自然に、でもズキンという痛みを伴って排出されたのである。「石」というので丸いのかと思ったら、1cmx5mm位の大きさで細長いいびつな形。首尾よく回収にも成功。自分の体の一部が失われたような一抹の寂しさもあったが、こんなものがまた暴れ出したら困り物だったので一安心だ。

この安心というのも、実は来週の火曜日に全身麻酔をして体内に管を入れて石を探し、必要に応じた処置をするような手術&短期入院をする予定だったからだ。昨日も病院に行って手術前の既往症の確認やら麻酔医との問診をしてきたばかり。そこでは慣れない医療用語を英語で聞かれ、説明に一苦労。例えば"Sugar 何ちゃら"ですか?と聞かれるとどうやらそれは「糖尿」のこと。「血液」がどうのこうのという質問は、恐らく「凝固」に問題があるのかって聞いているんだろうなあ、というような心許ないやり取りですっかり疲れてしまった。

更にこの国の医療レベルに大きな疑問と手術に対する不安が段々と大きくなっていた。というのも「どんな症状ですか?」とか「いつ頃から痛みましたか?」といった基本的な質問を、同じ病院でも人が代わるたびに何回も聞かれる。さらに「どの先生がどんな手術をするんですか?」みたいな質問、そんなの患者に聞くなよというパターンが続出。「血尿が出ますか?」と聞かれたが、先週同じ病院にサンプルを提出したばかりで結果も聞かされていない。こんな状態だったので、全身麻酔をされたらもうそのまま昏睡状態になってしまいそう、あるいは手術をしたらかえって他のところが悪くなってしまいそうな雰囲気が漂いまくっていた。

もうここでの手術を受けなくて良いということは精神的にも本当に嬉しい。今日も「石」が出た後に速攻病院に行き、レントゲンを撮り、この前の写真と並べて先生は言った。「ほらこっちにあった石がなくなったでしょう。あなたはラッキーだ。」と。でもこの同じ先生は前の写真を見たときに「石が見当たらないから、管を入れて探し出して処置をする手術が必要だ。」って言っていた。あれは一体なんだったのか???この国に居る限り「病気をしないこと」がいかに大切かを思い知った2週間であった。

病状についていろいろと心配をしてくれた皆さん、本当にどうもありがとう。元気になりました!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 21, 2006

ハッピー・ハロウィン!

「今日はハロウィンのお化けカボチャ作りをしたーい。」というオラニエ夫人の一声で、家の近くにある"Life & Gadren"というガーデニング・センターに出掛ける。店頭からオレンジ色の大きなカボチャがそこここに置かれていて、ハロウィンの季節らしさをかもし出している。店奥の一角が「お化けカボチャ作り工房」になっていて、自分で選んだカボチャをそこにある道具を使って好きなように加工できるのだ。

初めての体験なのでまずは係員のお姉さんを呼んで作り方を教えてもらう。カボチャを選んだらナイフで頭の部分を蓋のように切り取り、それから中身を「削ぎ器」というかヘラのようなもので掻き出す。カボチャは大きいが中が全部詰まっているわけではないので、この良く掻き取れるヘラのお陰で意外と簡単に空洞を作ることができた。

それから目鼻や口を短い糸鋸のようなものでくり抜く。この工房には目や鼻の形をしたシールが置いてあり、それを貼って輪郭に合わせて糸鋸を入れる。あるいは直接ペンでお絵描きをしてくり抜く。その昔中学校で「技術」という授業があって、そこで電動糸鋸を使って何かを作ったをしたことを思い出していた。器用なほうではないので、この科目は得意ではなかった覚えがある。慣れない工作仕事で手が痛くなりながらも、夫人のお絵描きの通り歯のギザギザも含めて何とかくり抜きを完成。最後に髪の毛に当たる草のようなものを夫人がピンで止めて終了。やったぁ、完成だ。結構カワイイお化けカボチャ君の出来上がり。他の子供たちも見に来たりしてちょっと得意げな気分。名前はなんて付けようか?

正直なところ最初はあまりオラニエ公としては乗り気でなかった。体調も今ひとつだし、我々以外は全員オランダ人のお子ちゃま連れで、子供でもあるまいに今更カボチャ作りか?という感じ。でもその工房でオランダの子供たちが一生懸命に作っている姿を見て、これはオジサンも負けてはいられないという気になり、最近まれに見る積極性を見せてナイフと糸鋸を片手に奮闘したのであった。久々に夫婦揃って子供に返れたような感じで結構面白かった。

出来上がったものは家に飾って記念撮影でもしよう。蝋燭なんかも立てちゃったりして。お会計はカボチャ一つにつき工房使用料代を含めて7.95ユーロ。このイベントは来週の土曜日も開催されているとのこと。意外と他の人にもお勧めしたい体験であった。

_420

_431 <お化けカボチャの出来上がり>

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 15, 2006

こんな休日

「ER体験」のその後だが思った以上に長引いて、ここ数日は完全に病人になってしまった。

オラニエ夫人の運転する車でホーム・ドクターに行って問診、更に総合病院に行って検査などを受けていると一日があっという間に過ぎる。再び激痛に見舞われたり気分的に優れない時間が長く、家に居ても何をして楽しむということもできない。が、時折友人からの差し入れの雑誌やビデオを観て気分転換を図っている。やはり人生健康が第一だ。

そうした中で嬉しかったのは先週の木曜日に日本ハムファイターズが25年ぶりにパ・リーグを制覇したことだ。プレー・オフでソフトバンクに連勝したのだが、ちょうどそれはオラニエ公が激痛と格闘していた頃だ。長年のファンとして産みの苦しみを味わうことになった訳だが、これも何かの縁だろうか。球団のホーム・ページで試合のダイジェストの動画を何回も見る。これはW杯日本VSブラジルのゴールシーンと同じで、何回見ても良いものだ。しかも劇的なサヨナラ勝ちをしているのだから。夫人のお友達のご好意で、スポーツ新聞を何誌もゲットできたのも嬉しかった。

今日はアムステルダム・マラソンの日。マラソンといえば先月はベルリンまで見に行ったのに、今日はアムスなのにテレビ観戦。家の近くの通りがコースになっていたので、見に行って旗でも振ればテレビに映ったのに残念である。まあ長い人生こんな休日もあるのか。ブログが書けるまでの元気は出てきたので、あともう一息だ。頑張るぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2006

ER(緊急救命室) in オランダ

とある激痛に耐えかねて家の近くにある大学病院の救急医療センターに行った。

このような場所には滅多に行く機会はないが、NHKの海外ドラマ「ER -緊急救命室」の舞台としてテレビではよく目にしている。そこでこの痛みもさることながら、オランダのERもドラマ(シカゴのカウンティ総合病院)のようになっているのか、どう違うのか実は興味ありありであった。

まずは受付。ドラマでは複数人の受付係がいてホワイトボードには患者のリストがいっぱいだが、ここでは一人の小さな受付がいるだけで、待合室もガラガラ。誰も待っていない。でもここに何人も人がいたら自分自身本当につらかったと思う。

程なく通されたのはカーテンで仕切られた治療コーナーのひとつ。全部で7-8室はありそうだが、「No.3」という所だったので、いわゆる「カーテン3号」か。そこに現れたのは中年の女性ドクターあるいは看護士。まずは挨拶の握手をして問診、血圧や体温の測定を行う。「ER」では握手をしているようなシーンはあったのだろうか。もっと深刻で急を要する患者ばかりなので、無いのかもしれない。

それにしてもこのERは静かだ。テレビのように銃創患者が出血多量で運び込まれることもなければ、救急車一台も来ない。容態が急変しようにも患者が全部で2-3人ではそれも起こらない。「頭部外傷。グラスゴースケールはXX。ヘマトクリットYY単位。」なんていう専門用語が飛び交うことはあるのだろうか。ここにいるスタッフは患者の治療よりも、包帯をはじめとする備品の補充のほうが忙しそうだ。まあそれだけオランダが平和な証拠ということだろう。

治療コーナーで検査の結果を待つこと40分以上。このゆっくりさはいかにもオランダらしい。付き添いのオラニエ夫人は手術用のナイロンの手袋や、呼吸促進用の簡易ポンプなどの備品などの「ERグッズ」に興味津々な面持ち。
最後に現れたのがきれいな女医さんでちょっとワクワク。レジデントあるいはチーフ・レジデントだろうか。でも簡単な触診の後ペイン・キラー(鎮痛剤)の処方をもらって終了だ。もう少しレントゲン写真とか撮って「ER」らしい体験もしたかったが、まあ大事に至らなくて良かった。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 08, 2006

オランダ皇太子夫妻 in ゲルギエフ・フェスティバル

今日はゲルギエフ・フェスティバルのオープニング・コンサート。ゲルギエフはロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の主席指揮者で、世界的にも名前を知られている。そういうこともあってDe Dolenというホールは珍しく満席状態になっていたが、開演前に何となく2階席の一番前の辺りの人たちの服装が特にきらびやかで雰囲気が華やいでいるなあと思っていた。

休憩時間にロビーに出て一緒に来た友人と話しをしたところ、まずその人たちが先に客席から出られるように、警備員が他の観客を制止していたとの情報を得た。これは王室関係者レベルのかなりのVIPが来ているのではないか。そんな好奇心一杯で席に戻ると、右前方に見えるのは髪の毛をしっかりと分けたオランダ皇太子アレキサンダーのようだ。すると隣にいるのはプリンセス・マキシマか!!でもオランダの皇太子は3人兄弟だから本当に皇太子???

そこでオラニエ公は躊躇することなく隣に座っていたオランダ人に確認。
Q. 「彼らは誰だか知っていますか。」
A. 「オランダのプリンスだよ。」
Q. 「(3人いるうちの)どのプリンスですか?」
A. 「アレキサンダー皇太子で、プリンセス・マキシマもいるよ。最初の挨拶でも王室関係者が来場しているとも言っていたよ。」
納得である。フェスティバルの主催者の挨拶(オランダ語)の途中で何故か拍手が起こったこと、オラニエ公の席の3列前にカメラマンが陣取っていて舞台でない方にしきりと向いてシャッター切っていたことなどすべてが合点がいった。

肝心な演奏のほうも「天覧コンサート」のせいもあってかいつになく気合が入っているようだ。ゲルギエフの独特の指揮ぶりにあわせて微妙な強弱が表現されている。特にエロイカの一&四楽章では単純な主題をベースに畳み掛けるように展開するベートーヴェンのオーケストレーションをダイナミックに堪能できて満足。

日時: 2006年 9月8日(金) 20:15~22:40
曲目: ベルリオーズ: 序曲「ベンヴェヌート・チェルリーニ」 Op.23
コルンゴールド : ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35*
ベートーヴェン : 交響曲第3番変ホ長調 「英雄」 Op.55
ヴァイオリン:ニコライ・ズナイダー (Nikolaj Znaider)*
指揮: ヴァレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev), 演奏: ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
場所: de Doelen (ロッテルダム)

終演時には皇太子夫妻のタイミングに合わせて別の扉から退出し、ホールのロビーで約10mまで接近に成功。マキシマも長身だけれど、皇太子もオランダ人らしく随分と背が高いんだなあと確認した。こんな話を聞いたら「何で私を連れて行かなかったの!」とオラニエ夫人に責められそうだと思いながらホールを後にしたオラニエ公だった。僕って結構ミーハーだったりして。

| | Comments (2) | TrackBack (0)